ヒートシールの話・・その1。

大阪・柏原市で ブリスター包装機をワンオフ(※)で
手掛けています。
※ ワンオフとは、一品一葉な製作形態のことを指してます。

ブリスターパック・ラボ  けたろー(@sanagiman_flush) です。

ツイートフォローお願いします!

あ、こちらのフォローもお願いします。

ブリスター包装時に点字を打つ@大青鉄工 (@DaiseiIronworks

 

いやいや~。

年が明けてから、しばらく放置状態でした・・・。(汗)

聴くところによると、
昨日が、〝宇宙元旦〟にあたる日だったようで・・

というわけで、氣を入れてやっていきたいと思います!

 

それでは、氣を取り直して参りましょう~。(笑)

今回のテーマ、ヒートシールについて。
。。今回というか少しシリーズ化しようかなと画策中・・(^^ゞ

 

ヒートシールって、
包装に携わってる業界なら
概ね、ついて回る技術ですよね。

袋詰めの封かん用途だったり、
セローがけ時の仕舞いだったり・・

 

フィルム(樹脂)同士を
溶かしてくっつけるパターンや

ホットメルトという接着剤を
溶かしてくっつけるパターンなどが
一般的です。

 

包装で言えば、ものすごく
一般的に使用されている技術なのですけど、
だからなのか、これで悩まれているところも
多いと聞きます。

 

皆さんのところではどうですか?

 

ヒートシールについて、
悩まれたことはないですか?

 

うちも、
仕事柄、時に悩まされる時があります。

 

 

実は、ヒートシールの技術って、
これだけ頻繁に使われていながら、
あんまり体系立てて確立していない
のが実情なようです。

 

 

 ヒートシールの問題って、結局・・

端的に言うと、ヒートシールの問題って
実は、すごくシンプルなんですよね。

 

 

結局、

着くか? 着かないか?

 

時に着かない状態が起こるから、
皆苦労する・・ (笑)

 

 

では、なぜ着かないんだろう?

それが、問題っていうこと・・ ですよね。

 

あ、当たり前か・・ (^_^;)

 

 

 ブリスター包装の場合。

ブリスター包装でも、ヒートシールします。

でも、ブリスター包装の場合は、
樹脂同士の接着ではなく、
ホットメルトという〝熱で溶ける〟接着剤を
使用したヒートシール方法になります。

 

〝着かない〟 という問題が発生した時、
実に厄介な問題をはらみます。 (^_^;)

 

それは、概ね、3つどもえの様相になりますね。(汗)

 

着かないという状態が発生することで、
どういう状況が発生するか? というと、

まず、疑いの標的になるのが【機械】です。

 

熱が足りてない?
圧力が足りてない?
この機械(の構造)が悪い? 

 

と、いろいろと機械のあちこちを
疑ってかかります。

特に新規の包装案件なら、
対象の包装機械が真っ先に標的になりますね。(汗)

 

わからないもんだから、
場当たり的に、ズケズケと機械のあること
ないことを指摘したりして。。(汗)

おまけに、最悪は、
不用意、不必要に機械をいじってしまったりとか。大汗

 

 

次に、包材でも台紙などの蓋材のメーカー。

ブリスター包装では、
台紙表面に〝ホットメルト〟を
塗布するという工程が入りますので、

ホットメルトの材質そのものがまずいのでは?
とか、
塗り方がまずいのでは?
とか・・

ホットメルトそのものや、その工程に対して
疑いの目が向けられます。

 

次いで、容器メーカ。
真空成形のやり方がまずいのでは? とか、
成形時に、糊しろ面の厚みが悪いのでは? とか・・

真空成形時の諸々の出来条件が問われます。

 

というわけで、3つ巴で責任のなすりあい。(^_^;)

といっても、
こうなるのは〝超〟最悪のパターンですかね。 (^_^;)

 

 

 着かないものは着かないんだから・・

最終的には、何が一番キーになるか?
というと・・・

 

これは、機械の立場でいわせてもらうと、
やはり・・・

 

ホットメルトによるところが一番大きい!

 

という結論に辿りつきます。

 

台紙の加工屋さんには、
非常に申し訳ないのですけど・・。 (^_^;)

事実は事実なんで・・・。

 

 

そもそも、ヒートシールの根本って、何か?
っていうと、

 

熱でくっつける!

 

っていうこと。

とするなら、
ブリスター包装で着くか着かないか?の
問題が生じたときには、
接着剤にあたる〝ホットメルト〟の材質が
一番のカギを握ってます。

 

まぁ、前提として、
機械的にきちんと、剛性があって、
使用する容器にも歪がないという前提ですけどね。

 

今まで使用してきた機械なのに、
着かないという現象がおきたら、
ほとんどが、ホットメルトに起因してる
といっても過言ではない・・。 です。

 

 

 

 

 あくまで、〝ヒート〟シール

ヒートシールでのよくある誤解。

それは、
圧力さえかけたら着くと思ってる人がいること。

いる。。
いや、というより、多いという方がいいかな・・。

 

 

もっと、圧力かけろ!!
圧力をかけないと着かんぞ!

 

って言う人がいますが、それこそが誤解なのです。

もし、あなたの社内にそういう方が
居られたとするなら、その人の理解が間違ってます。

 

まぁ、機械構造上、多少の圧力は必要なのは
確かなのですが、ヒートシールってその名の通り、
熱でくっつけることを指してます。

 

〝熱による溶着〟であって、
〝圧力による圧着〟ではないんです。

 

そこんところの誤解で、機械構造的にもかなり、
誤解を生んでいるみたいな感は否めないんですけども・・。

 

と、少し長くなるので今回はこの辺にして、
続きは次回に回すことにして、そうそう、

先に挙げたホットメルト剤の問題には、
印刷インクとホットメルトの相性とか、
台紙そのものの質感、種類など・・

いろんな要因が絡んでくるんですよね・・。

 

その辺の話は次回にしますね。

 

 

 

******

お陰様で、メディアに掲載されました!
詳しくは、【プレスリリース】をクリック!

******

ブリスターパック・ラボ。 ビビっときたら、

電話: 072-971-1505
お問い合わせは、お気軽に! フォームは、こちら ⇒ お問合せフォーム

image39112

 

有限会社 大青鉄工<ダイセイテッコウ>

┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/
┃ ┣ 時短設計研究所。
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/zitanka-sekkei/
┃ ┣ ブリスターパックラボ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/blister-pack_labo/
┃ ┣ マーキング・コトはじめ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/marking-koto-hazime/
┃ ┣ Ketaro’s Official Blog
┃ ┃   ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/keitaro_blog/
┃ ┏ Facebook
┃ ┃   ┣ http://www.facebook.com/keitaro.sanagi
┃ ┣ Twitter
┃ ┃   ┣ http://twitter.com/sanagiman_flush
┃ ┣ Instagram
┗ ┗   ┗ http://www.instagram.com/mr_pupaman/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加