【ブリスターパック・ラボ】 ブリスター包装の自動化で大切な〝たったひとつ〟のこと。

こんちは、
大阪・柏原市で ブリスター包装機をワンオフ(※)で
手掛けています。
※ ワンオフとは、一品一葉な製作形態のことを指してます。

ブリスターパック・ラボ  ケタロー(@sanagiman_flush) です。

ツイートフォローお願いします!

あ、こちらのフォローもお願いします。

ブリスター包装時に点字を打つ@大青鉄工 (@DaiseiIronworks

 

10連休もあっという間に終わってしまいましたね。
あ、でも、うちは通しの休みではなくちょいちょい
仕事してましたけど・・

これほど長い連休は、未だかつて経験したことがなく
いろんな課題があったみたいですよね。

でも、個人的には上(国)から決められる休みではなく、
個人個人が簡単に、かつ、自分のペースで休める環境に
なったらいいのになぁって思います。

 

さてと・・。

今日の話題は、ブリスター包装を自動(機械)化していく際に
大切なことをお伝えしようと思います。

 もはや、時代遅れ・・。

人手の確保の問題とか、働き手の労働時間の問題とか・・。

労働環境に対する様々な要因への対応策として、
生産現場や包装作業での自動(機械)化へのニーズは
増えつつありますよね。

 

最先端と言われているところでは、AIやロボットを
駆使して、既に無人化が実現されていたりとか。

 

で、ピロー包装だとか、容器充填だとか、
至極身近な製品への包装作業の現場でも同様に、
自動化や機械化がどんどん摂りいれられて、人があまり
介在しないような環境になってきています。

 

が、しかし、BUT!!

 

ブリスター包装の業界って、まだまだ、人海でやる
イメージが強くって・・。 (汗)

結構、流通している割に、
他の包装に比べてかなり遅れているのは否めないです。

 

その原因の一つが、
主流で出回っているブリスター包装機のコンセプト自体が
〝世の労働環境の現状〟とかなり、かけ離れているからなのでは?

と、個人的には考えています。

 

というのも、
一昔、いや、2世代ほど前の、大量生産、大量消費時代の時って
作れば売れるっていう時代でしたよね。

人手も簡単に確保できて、人件費という面でも今よりもシビア
ではなかったと聞いてます。

むしろ、機械(設備)に金をかけるよりも、人を雇って
人に作業させる方が現場的に楽で、且つ、生産性も上がるんだぞ!

・・ っていう今とは、
ほぼ真逆の思想で突き進んでいましたよね。

世の主流のブリスター包装機はそんな時代のコンセプトの下で
開発され、広く使われきました。

 

言い方が悪いのですけど・・使用されている方々も、

「これが普通やん。」

であんまり勉強されていない感じのところが多いみたいです。

 

まぁ、それで回っているのであれば、
第3者がとやかく言う必要もないのですけどね。(^_^;)

 

 自動化を目指す。

時代を感じて、ヤバイと思われているのでしょうか・・

勉強されているところでは、作業現場の環境を改善すべく、
自動化を考えられるところもあります。

 

自動化に向けて、スタートをきる!
すごくいいことだと思います。 でも・・・

その時には、ちょっと注意してほしいことがあるのです。

 

それは・・・

 

『今まで、手作業でイケてたんだから!』 っていう

意識を外すこと・・ です。

 

そう、これが大切なたったひとつのポイントであり、
自動化でうまく行かないところはこの点が抑えられてないのです。

 

手作業でうまくいってた・・・ 確かにそうかもしれません。

でも、正直言って、
人間の手ほど、器用で、臨機応変で、優秀なものはないです。

 

人の手は資材の位置がずれようとも〝自己補正〟して対応できます。
少々、規格外な資材があったとしても、〝目〟や〝感覚〟で判断して、
跳ね除けて対応できます。

でも、はっきり言って機械はバカです。

よほど、AIなどを駆使して、最先端と言われる技術をふんだんに使って、
膨大なコストを投じて開発。。。してたら別なんでしょうけど・・

機械は、決まった動作しかしませんし、できません。

ちょっと資材配置のポジションがズレルと、たちまち動作不良を起こします。
規格外なものが混じっていたとしても、バカ正直に、投入しようとします。

 

自動化するのであれば、
そういうことを理解しておく必要があるということなのです。

 

手作業でできてたっていうのは、〝人の手だから〟できてたのであって
それをそのまま機械のパターンに適用するのには、ちょっと無理があるんです。

 

むしろ、

如何に、機械を停止させずに動作させるか?

という逆の発想が必要になるんです。

 

例えば、包装資材。

手作業での時には、少々、外形が不ぞろいであったとしても
特に問題はなかったのかもしれませんが、自動化しようとすると、
それは致命的なエラーにつながってしまいます。

真空成形時の真空引き一つにしても、引きが甘ければアウトです。

つまり、包装資材のクオリティが自動運転時の安定性を左右させる
一因になるということ・・ です。

 

こういう言い方はあんまりしたくないのですけど・・。

多くの現場では、中身である商品には、ものすごく気を遣い、
設備投資も旺盛に行って、商品そのものの価値を高めようと
躍起になります。

 

反面、包装工程はおざなり・・。

お金をかけずに適当に考えられるっていう場合がほとんどですよね。(涙)

 

でも、よく考えてください。

いくら中身がよくても、パッケージがまずければどうでしょうか?

全体としての価値の低下は、免れないでしょう・・。

 

それに、生産現場での作業として考えると、
中途半端な考えは、返って効率を落としてしまいます。

 

バランスが必要ですよね。

 

 

******

お陰様で、メディアに掲載されました!
詳しくは、【プレスリリース】をクリック!

******

ブリスターパック・ラボ。 ビビっときたら、

電話: 072-971-1505
お問い合わせは、お気軽に! フォームは、こちら ⇒ お問合せフォーム

有限会社 大青鉄工<ダイセイテッコウ>

┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/
┃ ┣ 時短設計研究所。
┃ ┣ http://www.jitansekkei.com/
┃ ┣ ブリスターパックラボ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/blister-pack_labo/
┃ ┣ マーキング・コトはじめ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/marking-koto-hazime/
┃ ┣ Ketaro’s Official Blog
┃ ┃   ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/keitaro_blog/
┃ ┏ Facebook
┃ ┃   ┣ http://www.facebook.com/keitaro.sanagi
┃ ┣ Twitter
┃ ┃   ┣ http://twitter.com/sanagiman_flush
┃ ┣ Instagram
┗ ┗   ┗ http://www.instagram.com/mr_pupaman/

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加