自分のパターンを知る。 その2

こんちは、大阪・柏原市で
イクメンエンジニアx聴き屋・メンタルヘルスカウンセラー x 料理研究家
してます ケタローです。 (^^ゞ

明日の天気は下り坂? 長男坊の入学式なんだけどなぁ。
ちょっと、もってほしいな。 (^_^;)

さてさて。

先日、自分のパターンを知ることは大切だよって書いた。

エゴグラムから見た自分のパターンを知ること。

でね、
エゴグラムで知るっていうのは、一種の後天的なパターンなんだよね。

自分が育っていく過程で、

親からの影響とか、友達とか、あるいは本であったり、テレビなどのメディアだったり、
周りとの関わりの中で、自分って言う存在を後から確立・形成していく中で産み出されていく
パターン。

この場合のパターンって言うのは、
自身の内面や接してる環境が変われば、変わる可能性や、変えれる可能性があるってこと。

 

一方で、先天的に備わってるパターンってのもある。

 

よく知られてる中では、
遺伝的なパターンとか、血液型のような身体的・肉体的な特性がそうだね。

あとは、ホロスコープ、運命星・・・ なども。

 

何月何日の何時何分に生まれたので、その時の星座の配列はこれで、

あなたの運命星はこれだから、こんな感じの特性をもっている・・みたいなね。

実際、ホロスコープによる占星は、太古より行われていて確信をついてるところも
あるようだ。 詳しくは知らないけど・・・。 (^_^;)

で、先天的に持ってるパターンってのは、もって生まれたパターンっていうこと。

この世に生まれた落ちた自分に課せられた使命っていうか、特性っていうのか
基本的な性能・性質みたいなもの。

それが表に出てきてないのであれば、眠ってる才能ともいえるね。

備えて生まれたきたのだから、消えることのない、ほんとに基本的な性能なんだよね。

まぁ、後天的なパターンで上塗りすることはあったとしても、ベースとしては
存在してるってこと。

 

でね、昨日は誕生数秘学っていうのを勉強しに行ってきたんだ。 (^^ゞ

IMG_7186

 

誕生数秘学は、古代ユダヤ人が使っていたカバラ数秘学を
はづき虹映さんがよりわかりやすく体系化したものなんだよ。

生年月日から、その人が持って生まれた 『数』 をしることで、持って生まれてきた
本当の 『資質』 を知ることができる。

ってわけで、昨日はその講座を受けてきたんだよ。

講師は、ハッピーにぃさん! 彼は、誕生数秘学のインストラクターでもあって、
ビジネスやカウンセリングにそれを摂りいれ、実際にそれを使ってる。

より実践的な使い方をレクチャーしてくださいました。 (^^ゞ

11139785_679144545523968_4696450810325747084_n

 

講座はこんな感じ。 結構、大人数だったよ。(^^ゞ

11150964_820360014709649_2829077230944346415_n

 

 

☑ 誕生日から得られる数秘

エンジェルナンバーって言われる現在を表す数字、
チャレンジナンバーって言う未来を表す数字、
スピリチャルナンバーって言う過去を表わす数字。

自分がどこからきて、どうやって生き、どこに向かっていくのか?
誕生日から、 それを読みとくことができるんだって。

 

簡単に言うとね、

エンジェルナンバーが、今の自分が持って生まれた特性のこと。
チャレンジナンバーが、自分が今世で生きていくための目標とか人生の在り方。
スピリチャルナンバーが、過去世で自分が経験してきた特性のこと。

1~9、11、22、33 の12通りの種類があるんだ。

それぞれに意味合い(性質)が決まってて、特に、11、22、33 っていうのが
特別な数字で、マスターナンバーって言われてる。

数字の割り出し方法は、
生年月日をバラバラにして、単数にして、一桁になるまで足していくって言う方法で
導き出せる。

 

スピリチャルナンバー: 生年月日の日の部分を足した数。

エンジェルナンバー: 生年月日をそれぞれ足した数。

チャレンジナンバー: 生年月日の月日を足した数。

 

ボクの場合で言うとね、1971年01月28日 だから、

S) スピリチャルナンバー; 28日 ⇒ 2+8=10 ⇒ 1+0=1  『1』

A) エンジェルナンバー; 1971年01月28日
⇒ 1+9+7+1+0+1+2+8=29 ⇒ 2+9=11 『11』
※ 11はマスターナンバーにあたるので、11。
22、33になる場合も、マスターナンバーなのでそのまま。

C) チャレンジナンバー; 01月28日 ⇒ 1+2+8=11 『11』
※ 11はマスターナンバーにあたるので、11。

 

ボクのパターンは、
S:A:C = 1:11:11 っていうパターンになるのよ。

この数字が意味してることってのは・・・・ ここでは詳しく触れない。 (笑)
より詳しい内容は、誕生数秘学で検索して探してみてね。 (^^ゞ

 

 

☑ 自分(相手)の基本性能と将来への道筋を知る。

誕生数秘で得られる内容って言うのは、自分の基本的な性能とか、
本来の目指してる姿。

でね、もし、例えば、
自分が本当に思っていることと実際の状況にギャップを感じているのであれば、
誕生数秘なども参考にしてみるのもいいかもしれないね。

エゴグラムで知ることができるのは、後天的な一面。

もしも、エゴグラムで知った自分の内観が腑に落ちない場合・・・。

本来は備わっているはずの性能が、後天的な影響で、存分に
出しきれていないってのもことも考えられるのね。

もし、生きづらいとか、自分らしくないって感じるのであれば、もしかすると、
そういうことも影響してるのかもしれないよね。

 

また、
誕生数秘で出てくる数字は、子育てでの子どもとの関わりや、部下との関わり
なんかにも使えるんだよ。

その人の 特性 を知ることで、その人にあった関わり方で接することができるんだ。

 

☑ 特性を知った上で・・。

じゃぁ、パターンってそれが絶対か? っていうと、そうでもない。

逆に言うと、この特性だから、『こうでなくてはならない』 って、思ってしまうのが
ちょっと危険かなって思う。

内面的にそういう特性をもっているってことは事実としてあるっていうことだから、
自分、あるいは相手の特性を知って、それをうまく利用するって言う感じかな。

エゴグラムにせよ、誕生数秘にせよ、道しるべになることは間違いないね。

それに結局、組み合わせなのだと思うのね。

今を生きていくことが大切なのだけど、今をよりよく生きていくために、
自分の特性やパターンを知っておけば、より、生き易いっていうこと。

今が、自身の本筋に合っているのであれば、それを貫けばいいし、
今に違和感を感じているのであれば、修正すればいい。

自分がよりよく生きていくためのツールとして、活用していけばいいんじゃないってね。

 

*****

イクメンエンジニアでモノづくりやってますが、
メンタルヘルス(心理)カウンセラーもやってますっ!

詳しくは、ページで。 ⇒ 聴き屋。

モノづくりの方は、こっち。

あんなもん、創りたい。 こんなもん、作ってほしい!など、随時受付中!(^^ゞ
⇒ 時短設計研究所(ダイセイテッコウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加