気を付けて! その “こだわり” が発想の視野を狭めてるかも!

我が家の子どもらは、春休みまっただ中。
おかげさんで、リズムが狂ってる・・・。(汗)

4月からは、皆の通学時間が早くなるので
朝起きれるんだろうか?
と、今から心配してます。 (笑)

 

ども、

大阪・柏原市でワンオフな機械を創ってます
けたさん(@sanagiman_flush です。

さてっと・・・・。

突然なんだけど、

『こだわり』 って、あります??

仕事でも、プライベートでも、
何かしら、こだわりを持たれてる方も
多いのかなって思います。

話をしてると、

えっ? そんなことにこだわってるの?

って、思うこともあったり。

でも、こだわってる当人は、ほんと、
大真面目にこだわってるみたいで・・・。

 

少し前のことなんだけど、
ある人と仕事の話をしてて、
仕事のスタンスの話題になった。

で、その人曰く、

『スタンスへのこだわりは、捨てない方がいい』
と。

 

・・・でもね、思うんだよ。

 

同じようなこだわりを持ってる人が、
何十人、何百人といたらどうなんだろう?
って。

そこらじゅうに、
同じようなこだわりをもった人がいたら
そのこだわりをもってることに
意味があるんだろうか?

・・・って。

 

確かに、
こだわるをもつことは悪い事ではない。

そのこだわりが、その人しかもってない、
唯一のモノで、その人自身がストレスなく、
うまくそのこだわりを表現できていたとしたら、
最強の魅力になるだろう。

 

でもね・・・

そういう状況って、少ないよね。

 

というより、むしろ、こだわりが

『囚われ』 に変わってる場合が

多いのだろうとも思える。

 

こだわることへの執着が、
逆に囚われになってしまって、
自由さを奪ってしまうんだ。

 

特に・・・ 仕事の場合で、

後継者の場合には、それが顕著だろうね。

先代からのこだわりが、
囚われに変わってしまう。

 

~あるべきだ。
~あらねば。

 

それは、
外部の意見からもやってくる。

 

先代は、~だった。
以前は、~だった。
だから、あなたも ~べきだ。

 

 

多くの選択肢があるのに、
そのこだわりの所為で、
回りが見えなくなってしまう。

いや、見えないのではなく、
“見ない” のだ。

 

また、

本当にやりたいことがあったとしても、
それが逆に、足かせになってしまう。

 

そんなことなら、
“こだわる” ことって、余計なこと。

 

いっそ、捨ててしまって、
一度、フラットな目線で、考えてみた方がいい。

 

本当にそのこだわりが良い事なのかどうか?

 

その上で、
自分(達)を、強めてくれるこだわりなら
捨てる必要もないかもしれない・・・

けど、

いや、むしろ、その状況であったとしても
見直し、再構築する必要があるのかもしれないよね。

 

こだわりへの再構築。

 

ボク自身のことを言えば、
ここんところ、特にこだわりをもってない。
・・・仕事についても。

 

あ、でも、唯一のこだわりを言えば、

自分の想うように、やりたいようにやる。

そこかな。 (^^ゞ

 

*****

【時短化設計研究所】
時短化を目指したワンオフな機械を創ってます!

【聴き屋。】
しつもんで寄り添い、あなた自身やあなたの会社に
眠っている真の価値を発掘します。

 

【聴き屋onビジネス。】
社長の悩みをしつもんで寄り添いながら、じっくり聴きます!
イメージしてる会社の在り方がみえてくる・・・・かも!

【しつもん経営会議。】
しつもんを会議に摂りいれることで、社内がぐっと活性化します!
自主・自発的に動ける組織作りに!

【Tweet】
日常を呟いてます。 ツイッターのフォローよろしく~。 (^^ゞ

【Instagram】
気の向くままに撮ってます。 フォローよろしく!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加