一番いいコミュニティの属し方。

お陰様で子どもらの入学式も無事におわり、
次男坊以下、小学校、中学校、高校へと
それぞれ進学したんで、新しい生活リズムが
始ってます。

って、ボク以外は・・・。 (笑)

皆、朝が早くなった・・・のだけど、ボクのリズムは
なかなか ・・・ ねぇ。

ども、

大阪・柏原市でワンオフな機械を創ってます
けたさん(@sanagiman_flush です。

 

さてっと・・・・。

今日は、コミュニティの話でも。

 

実は、昨日あるセミナーを受けてきた。

コミュニティをつくるための~ 的なのね。

 

 

一番いいコミュニティの属し方。

 

でね、
皆、何かしらのコミュニティに属してるとおもうのだけど、
一番いいコミュニティの属し方って知ってる??

聴いてきた話をするとね、

・・・・・ それはね・・・。

 

毛色の違う、最低でも5種類くらいのコミュニティに
属するのがいいんだって。

って、これは、脳科学的にそう言われているそうな。
(ある脳科学者の話。)

 

毛色の違うコミュニティだよ。 (^^ゞ

毛色の違うって、同じ種類じゃないってこと。

 

例えば、
マーケティング
メンタルヘルス、
料理教室・・・ etc

っていう感じやね。

 

でさ、違う属性のコミュニティに入るって、
言われてみれば、そうかも! って思えるのだ。

 

ひとつのところだけで居るなら、たぶん、
考え方が偏ってしまう可能性がある・・・
って思うのだよね。

 

もっと言えば、
その世界がすべてになってしまうという
危険をはらんでいる。

 

何が危険か? って、

他を排除してしまうという危険性。

自分たちが常に正しいという流れに
染まってしまうという危険性を挙げたい。

 

ボク自身のことを言えば、
多様性が必要な仕事柄であるので、
この点について言えば、すごく納得してる。

いろんなコミュニティに属することで
いろんな考え方を聴くことができるんだよね。

 
こんな考え方もあるのか?
こんな見え方もあるのか?
こんな捉え方もあるのか?

 

って、他を知ることができる。

 

例えば、
ボクは製造業なのだけど、
製造業以外が集まるところに好んで参加したりする。

それは、
製造業以外の意見や考え方、捉え方を知りたいから。

悪口を言うつもりはないのだけど、
製造業だけで集まってしまうと、
なんか、考え方が一方方向になりがちなんだよね。

 

で、
もっと大きな視点で言えば、
例えば、海外に出るパターンがそうだよね。

『日本』 というコミュニティだけを知ってるのと、
『日本』 というコミュニティ以外を知っているのと。

 

何が正しいというのを言ってるのではなく、
考え方の巾が拡がるよね? っていうこと。

 

一方向だけに囚われていると、
他の面が見えなくなってしまう。

ボク自身のことを言えば、
あくまで、自分の中でのバランスを図るために
いろんな視点を持ちたいなぁと。

 

でもね・・・。

時に、それを好まない人もいる。

うちのコミュニティ以外の出入りを禁止!
みたいなね。

 

 

 

コミュニティの在り方?

 

どんなコミュニティにするか? っていうのは、
主催者側の意図に委ねられてく。

 

コミュニティを
どんな形で進めていくか?
どんな形に成長させるか?

 

それらは、全て、
主催者側のポリシーで決まってくるのだ。

やがて、形を変えてしまったとしても、
それは、主催者のポリシーがそうさせたという
ことにつがっていく。

となれば、
ポリシー(想い)の発信が大切になってくるんだって。

 

もう少し言えば、
コミュニティの定義とか、イメージとか。

広辞苑に書いてあるのだろうけど、
でも、それは、人それぞれの捉え方があると思うし、
むしろ、人それぞれ違ってていいと思う。

 

どんなコミュニティで在りたいか?

自分のイメージを伝えれば、
それに共感してくれる人が集まってくるし、
その発信によって、
その方向で成り立っていくんだ。

 

 

基本にあるのは・・・。

セミナーの中で、面白い意見を聞いた。

コミュニティ(Community)と、
オーガナイゼーション(Organization)の違い。

 

自分(主催者)の意見を貫き、押し通し、
自分の意見が絶対だと、周りを自分の考えや意見に
順応させるのであれば、
それは、コミュニティじゃなく、オーガナイゼーション・・
すなわち、組織だって。

組織のイメージって、どちらかというと統率性とか。

考え方が一気通貫・縦割り! みたいな。 (^_^;)

あとは、トップダウン的なイメージ。
(あくまで、ボクのイメージ)

 

でも、コミュニティのイメージって、
ちょっとニュアンスが変わると思う。

いろんな考え方が、有機的に結びついて
ゆるい感じで結びついている。

 

で、根柢にあるのは、

属してくれる人を尊重し、
個々の考えを受け止めること・・・・ なのかなって。

そうそう、
受け止めることと、受け容れることは別物だよ。

受け止めるって、
相手の意見や考え方を尊重すること。

そういう考え方もあるんだって、認めること。

 

受け容れるとは、
自分の中に、摂り込むってこと。

それが自分にとって、是であろうが、非であろうが、
摂り込むのが、受け容れるということ。

 

だから、時にくるしくなる。

 

意見が違う、考え方が違う・・・
そんな状態で受け入れてしまうと、
自分の中で矛盾が生じて、苦しくなってしまうんだ。

 

なので、一旦、受け止める。

その上で、相手の意見に共感できるのであれば、
受け容れたらいい。

嫌なら、流せばいい。

 

コミュニティの中でも、
考え方や意見が異なる場合もあるだろう。

でも、真っ向から否定するのではなく、
受け止めることが大切だよね。

それでも、合わないのであれば・・・

自分が主催する立場なら、出て行ってもらう処置を
とった方がいいよね。

 

 

*****

【時短化設計研究所】
時短化を目指したワンオフな機械を創ってます!

【聴き屋。】
しつもんで寄り添い、あなた自身やあなたの会社に
眠っている真の価値を発掘します。

 

【聴き屋onビジネス。】
社長の悩みをしつもんで寄り添いながら、じっくり聴きます!
イメージしてる会社の在り方がみえてくる・・・・かも!

【しつもん経営会議。】
しつもんを会議に摂りいれることで、社内がぐっと活性化します!
自主・自発的に動ける組織作りに!

【Tweet】
日常を呟いてます。 ツイッターのフォローよろしく~。 (^^ゞ

【Instagram】
気の向くままに撮ってます。 フォローよろしく!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加