Shitumon-Consultant

【しつもん経営。】

“しつもん” を経営に導入する・・・?

少し、お聞きします。

経営者の皆様、部下に対して、あるいは、クライアントに対して、
あるいは、ご自身に対して・・・ ちゃんとした “しつもん” できてますか?

『そんなの、当たり前だろ! できてるに決まってる!』
って、そんな言葉が返ってきそうなのですが・・・
・・・ ほんとにそうですか? 


じゃぁ、少し言葉を変えてお聞きしますね。

しつもんには種類があるって、ご存知でしたか? 
ひとくちに、『しつもん』といっても、実は種類があるんです。

どんな種類があるか? って、ざっくり言うとそれは2種類。

ひとつは、相手の可能性を奪ってしまう質問。 と、
もうひとつは、相手の可能性を引きだすしつもん。


ご自身の普段をイメージされてみて、如何ですか? 
どちらの質問を使ってらっしゃいますか?

もし、よくわからないのであれば、
少し、ご自身の社内や周りの雰囲気を思い返してみてください。

社員さんやスタッフさんたちの行動や雰囲気はどうでしょうか?

言われたことしかしない。
自分の考えで行動しない。
できない言い訳ばかりをする。
常に、上司の答えを待ってる。
主体性がない。・・・ etc。
もし、こんな風な状況なら、それはたぶん、普段の『質問』の仕方が
良くないのかもしれませんね。

そう、まずい質問っていうのは、上記のように 『相手のやる気=可能性』 を
潰してしまっているのです。

どんな風な質問がまずいのか? もうちょっと、具体的にお話しますね。


例えば、遅刻を繰り返すような社員をイメージしてみてください。
その社員に対して、あなたはどういう質問を投げかけますか?

ほとんどの場合、こんな感じじゃないですか?

『遅刻をするなって何度言ったらわかるんだ! なんで、遅刻してくるんだ?』 って。


そういう質問を受けて、その社員は、

『電車に乗り遅れたんです。』 とか、
『渋滞に巻き込まれて・・・』 とか、
『急にお腹の調子が・・・』 とか。

概ね、さも、自分は悪くないっていう態度で、遅刻した言い訳を返しますよね。 


でも、こんなしつもんをするとどうでしょうか?

『遅れてくるたびに、事故にあったんじゃないのか? とか、体調がわるいのかな? とか、
 いろいろ心配になるんだよ。どうすれば時間通りにこれる?』 って。



そういうしつもんを投げかけたのなら、その社員は、

『ごめんなさい! 明日から早く起きて、一本早い電車に乗ります!』 とか、
『ごめんなさい! 明日から早起きできるように、酒を飲むのをひかえます!』 とか、
『ご心配をおかけして申し訳ありませんでした! 早起きします!』 とか・・・

たぶん、自分の精一杯の対応を、自分で考え、自分の口から伝えてくれるはずです。


大事なポイントは、
『なぜ? (Why)』 で問いかけるのではなく、
『どうすれば? (How)』 で問いかけるということなんです。

そんな感じで、普段からいいしつもんを使うことができるのなら、会社として
こういう状況がうまれるはずです。 

自ら考え、自ら答えをだし、行動できる。
アイデアがどんどんうまれる。
社員一人一人の個性や能力が発揮できるようになる。
社員のやる気が自然に高まる。
お互いのことを深く知ることができ、尊重しあえ、人間関係がよくなる。
社内の風通しがよくなる。
常に主体的に動くことができる。
社内が活性化し、明るく、活気のある職場になる。 ・・・etc。
そう、しつもんの使い方一つで、社内の方向性が大きく変わるんです!



ビジネスしつもんコンサルタント・・・とは?

改めまして、『聴き屋 on ビジネス』 ビジネスしつもんコンサルタント けたろーです。


『ビジネスしつもんコンサルタント??』 って・・・うん? 

というところを少し、説明させて頂きますね。

そうそう、その前に
一般的なビジネス系のコンサルタントって、どういうイメージを持たれてますか?

一般的なコンサルタントって、その人がもってるスキルとか技術を問題解決の手段として
提供して、『教える』人のことを言いますよね。

それが良いか、悪いかは別にして、そのコンサルタントさんの考え方がそのままズバリ、
問題解決の手段
となってしまいます・・・よね?

これって、言い方を変えると、コンサルタントさんの考え方ひとつで、あなたの会社が
そのコンサルタントさんにコントロールされる
っていうこと・・・ですよね?

もしかすると、
そこにはあなたの考え方が入らず、売り上げも何もかも、その人に委ねられている。

あなたの会社なのに・・・ !!

社員の立場から見ても、同じようなことが言えるのかもしれませんよね。

あなたやあなたの会社にあこがれて、就職してくれたのにも関わらず、
何だかよくわからないコンサルタントっていう人に

『アレをしなさい。コレをしなさい。 それはやっちゃダメ。これはやっちゃダメ。・・・』

みたいなことを指示されて、ただただ従わざるをえない環境に追いやられ、
仕事をしなければならない。


・・・そういう環境って、会社としてどうなんでしょう・・・??  

あなたが経営する、あなたご自身の会社として、

ただ、会社組織を維持するために、売り上げを維持するためには仕方がないことさ・・・。

と、ただただ割り切って、そういう方法を受け入れるのもひとつの方法かもしれない。

でも、
この先の会社の未来や、社員、スタッフを含めた自分たちの将来を考えるのであれば、
もう少し違ったアプローチがあってもいいのかもしれませんよね。


ビジネスしつもんコンサルタント のボクにできることは、ズバリ!

『教えない!』 こと。


  へ???? コンサルタントなのに、何を言ってるの?  
って、思われたかもしれません。

教えない ・・・ って、別の言い方をすれば、
『自分で考える』っていうことであり、答えを自分たちで見つけるっていうことなのです。 

しつもん を投げかけていくことで、
社長であるあなたや、あなたの会社の社員さん、スタッフさん各々(おのおの)、自らが、
自発的に考え、行動するようになります。

そう、自主性や主体性が生まれてくるんです。

それが、しつもん経営なんです。

詳しくは、ビジネスしつもんセッションメニューで!