【産業用インクジェットプリンター】贈答品のオーバーラッピング(上包機)後の印字と文字検査。

こんちは、

大阪・柏原市で
“時短設計” な発想で、マーキング作業に携わられてる生産・製造現場への
最高最善な仕組みをワンオフ(テーラーメード)で手掛けていますっ。

こんちは、ケタローです! (*^-^)ニコ

今日もありがとう、感謝です。

早いもんで、10月。 ・・・・ もう、2週目。
なんか、カウントダウンが既に始まってる感じ・・。

なんとなく、せからわしい。 (^_^;)

あ、せからわしい って、標準語的に言うと、忙しない(せわしない)
ってことね。 (^^ゞ

だんだんと、気忙しくなってくるね~。
って、そういうことを考えるから、より一層、気忙しくなるんだよね。 大汗

 

さて。

贈答品のような箱への印字作業って、どうされてます?

きれいな印字をするのは、まぁ、当然といえば、当然のことだよね。

でも、一番の問題は、“印字漏れは許されない!” って。

 

・・・そうだよね。

きれいな印字をするのは、当たり前のこと。
その上で、絶対に防ぎたいことが、印字漏れ

 

贈答品に限らず、店頭に並ぶ商品については、賞味期限や消費期限の印字って、
今や、絶対的で当然のことだもんね。 (^_^;)

漏れがあると、それだけでクレームになってしまう。

メーカーからすれば、如何に、未然に防ぐか? ってことが、死活問題。

で、最近では文字検査用のカメラなどを導入して、印字の抜けがないように事前に
チェックするような体制を組まれているところも増えてきたね。

とはいっても、
ボク的には、最終的には、目視での確認も 超大事 なんだと思うんだけど。

なんだかんだと、器材に頼り切って、それを過信してしまってるところも
数多くみられたりして・・。 (^_^;)

まぁ、その話は、□⊂(´∀`⊂*)≡(*っ´∀`)っ□。

 

今日は、以前につくったコンベアを紹介しておきますね。

どういうコンベアか? っていうと、“複合的”なコンベアになってまして・・・

流れをいうと、上包機でオーバーラッピングされた後、インクジェットで印字して、
カメラで文字検査して、分別するという流れ。

オーバーラッピングって、お土産物屋さんなど売ってる菓子などの贈答品などで、
箱を包装してる包装形態のこと。

 

もしかして、人が手でやってると思った? ・・・ 残念!

 

あれも、上包機 っていう包装機械があって、機械でできるんだよ。(^^ゞ

 

この時につくったコンベアは、上包機に接続して、“ライン” を形成したんだよ。

文字検査NGで、分別できるようにしてる。
OK品は、外観を目視検査されて、外装の段ボール箱へ詰められるんだ。

厄介だったのは、上包機から出てくるときの製品の姿勢。

ちょうど、機械から放り出されるような格好になるんで、一定しないんだ。
そこを抑え込むのが、ちょっと厄介だったんだよ。

あと・・。

上包機からは、センター基調(箱のサイズに対して、センターを基準)で排出されてくる。
それに対して、印字の位置は、箱の側面・・。

センター基調の流れに合わせてしまうと、箱のサイズが変わった時に、その都度、
プリントヘッドとカメラの位置を調整する必要が出てくるんだ。

ってなると、調整をミスれば、毎回文字の大きさや位置が変わってしまったり、
まともな文字検査ができなかったり・・。 いろんな弊害がでてくるんだよねー。

それに、
カメラの調整って、結構シビアになってくるんで、サイズが変わるたびに毎回毎回、
調整するのは、かなり厄介。

読み取って、検査してるつもりでも、実はされてなかったり。
逆に、異常判定ばっかりで、作業にならなかったりと、まぁ、厄介なんだよ。 (^_^;)

 

それに、機構的に見れば、
プリントヘッドとカメラを調整する機構的にも2軸分の取り合いになってくるんで
これはこれで、結構めんどくさい。

ってわけで、そういう方法は採用せずに、印字する面を基準に考えたんだ。(^^ゞ

箱のサイズが様々なんで、結構、やらしいパターンだったのだけど、なんとか。(*^-^)

 

その時の教訓は、センサーを過信するな! ってことだった。
詳しくは、言えないんだけどね。 (^_^;)

 

そうそう、ひとつ勉強させてもらったのが、インシュロック(結束バンド)。

一応、食品ラインなので金属探知機に反応する結束バンドを使ってくれとの指示を受けたんだ。
恥ずかしながら、そんなのがあるなんてその時初めて知ったのよ。 (^_^;)

いや~、きっちりしてるところは、きっちりしてるなぁ!
って、とても、感心したよ。 (*^-^)

食品のラインで何が恐いかっていうと、異物混入が一番怖いからね。
って、このラインは、包装ラインなんで、異物が入るリスクってほぼない。

でも、それでも、社内のガイドラインを明確にしてるってところに、すごいなぁって
共感を感じたんだよ。

 

まぁ、いろいろとありましたが、今は、元気に稼働してくれてます!

IMG_6335 こんな感じ。

製作途中の画しかなかった・・。 (^_^;) ご容赦を!

 

Youtubeに動画をアップしてるんで、参考にどうぞ~。

 


商品が映ってしまってるんで、モザイク処理してます。 (*´ー^`)ゞてへへ

一応、守秘義務ってことで。 (* ^,_っ^)ゞ

 

印字~検査~分別をひとつのラインでやってしまえるって、結構便利やと思う。

・・で~も、最初に書いたように、判定して、分別してくれるからって、
目視を疎かかにしたら、アカンで~。 (^^ゞ

******

ビビっときたら、

電話: 072-971-1505 お気軽に~。(^^ゞ

マーキングコトはじめ こと ダイセイテッコウ まで。

image52

電話はちょっと・・・ って方は、こちらからどうぞ。

⇒ お問合せフォーム。

 

———————-
マーキング・コトはじめ Powered By ダイセイテッコウ
———————-

『時短設計』の視点で、印字作業を最適化する装置を
“テーラー” メード で製作しています。 (^^ゞ
有限会社 大青鉄工 <ダイセイテッコウ>

┣時短化設計研究所
┃ ⇒ http://www.daisei-ironworks.co.jp/index.html
┣ブリスターパック・ラボ
┃ ⇒ http://www.daisei-ironworks.co.jp/blister-pack_labo/
┗マーキング・コトはじめ
⇒ http://www.daisei-ironworks.co.jp/marking-koto-hazime/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加