【産業用インクジェットプリンター】パートナーを募集してますっ!

こんちは、

大阪・柏原市で
“時短化設計” な発想で、マーキング作業に携わられてる生産・製造現場への
最高最善な仕組みをワンオフ(テーラーメード)で手掛けていますっ。

こんちは、ケタローです! (*^-^)ニコ

今日もありがとう、感謝です。

10月も余すところ・・・。
もうはや、11月やん。 (^_^;)
なんもしてねーーーーー。 ( ̄Д ̄;;

ほんま、焦っとります。 (´Д`ι)アセアセ

って、何をそんなに焦ってるのか? って?

そりゃ・・・。

ってのが、今日の話題だったりして。 (*^.^*)エヘッ

 

実はね、パートナーを募集してるんだ。
パートナーって、彼女・・・ じゃなくって、仕事上のさ。(^^ゞ

募集っていうと、なんか、偉そうに思われるかもしれないね。

共に、協調、共栄して、共に楽しく仕事ができるパートナーと
巡り合いたいなぁって。

求めているのは、上下の関係ではなく、左右の関係。
・・つまり、フラットな関係。 (^^ゞ

左右関係

 

ボクにできることは、
印字に絡む、現場の不を解消するための機器を
考え、創造すること。

その印字機器を活かして、且つ、作業性を豊かにして、
現場を楽にするというのが、ボクの仕事。

でも、逆に、ボクにできないことは、
印字機そのものについてのこと。

 

ボクは、印字機器のメーカーではないし、商社でもない。

印字機器そのものについての知識は
周辺機器を考え、創っていく上で、必要なので、
多少あるのだけど、

その周辺マーケットがどうなんだとか、
現場への交渉(営業)とか、
その辺りのことは得意ではないんだ。

なので、
それを補い合えるような関係で、共に、
仕事ができるパートナーを探してる。

左右(フラット)の関係って、対等だと思う。

だから、
意見も言いやすいし、おもしろいことをやりやすい。

活動に制限がないと思うんだよ。

 

・・・正直言って、
上下関係になるなら、パートナーはいらないなぁ。

 

上下関係って、こんな感じね。

上下関係

 

仕事の流れで言うと、
印字機器が上(主体)で、周辺機器は下(付録)のような存在
という考え。

この関係では、
印字機器側が仕事をこちらに 『与えてあげてる』
という感覚が強くなるよね。

 

それに・・・
その関係では、印字機器が主体なので、
自分たちの製品が売れればそれでいい・・・という状況に陥る。

周辺機器は付録の扱いだから、切り離しも大いに可。

むしろ、付帯する設備の所為で価格が膨らむから売れないという
弁になっていく。

その関係の上では、共存、共栄、なんて出来やしないよね。

 

それに、そもそも、
お客さんからみたらどうなんだろう? って。

 

【付帯する設備の所為で価格が膨らむから売れない】 という
理屈の中に、“本当の”お客さんは、存在しているのか?

と思うんだよ。

 

それを使うのは、ボクらではない。
あくまで、お客さんなんだよね。

周辺装置を含めて、印字機器を使うのは現場の人たちであって、
ボクらではない。

 

まったく、どこを向いているのか・・。

上下の関係の中には、お客さんの顔は全く見えてこないんだ。

 

そんなことをしていると、
結局、全てが衰退していくと思うんだよね。

 

商売用語でいう、三方吉の精神が本当に必要なんだと思う。

・・・ってことを思ってたら、極楽と地獄の話を思い出した。

 

・・・極楽と、地獄の違い。

共に同じ食卓の場を想像して・・。

テーブルには豪勢な食事とそれを食べるための
『長い箸』 が置いてある。

そのテーブルを囲む中で、極楽と地獄の差があるのだ。

 

地獄の住人達は、自分のことしか考えない。

その長い箸で、
自分だけを満たそうとするのだ。

ところが、箸が長すぎて、自分の口には届かない。
目の前にある豪勢な食事を摂ることもできず・・。

地獄

 

 

一方の極楽はといえば、

その長い箸を使って、お向かいの人の口に食事を運ぶ。
お向かいの人は、そのまたお向かいの人へ・・・。

そうすることで、全員が食事を得ることができ、

皆が、満たされ、豊かになっていく。

極楽

※ 極楽と地獄の画は、こちらから拝借させてもらいました。
  ありがとうございます。 ⇒ ひげラク画報

 

 

っていう話。

 

さて・・・・ どちらがいい?

 

自分にできることを提供し、
できないことを感謝して、頂く。

それって、フラットな関係であって、
ごく自然な関係だと思うんだよね。

そんな関係を築けるパートナーがほしいなぁと。

ともに、楽しく、おもしろく仕事をして、
新しい何かを創り上げていきましょうよ!

よろしくお願いします~。

(*^-^)ニコ

 

******

ビビっときたら、

電話: 072-971-1505 お気軽に~。(^^ゞ

マーキングコトはじめ こと ダイセイテッコウ まで。

image52

電話はちょっと・・・ って方は、こちらからどうぞ。

⇒ お問合せフォーム。

 

———————-
マーキング・コトはじめ Powered By ダイセイテッコウ
———————-

『時短設計』の視点で、印字作業を最適化する装置を
“テーラー” メード で製作しています。 (^^ゞ
有限会社 大青鉄工 <ダイセイテッコウ>

┣時短化設計研究所
┃ ⇒ http://www.daisei-ironworks.co.jp/index.html
┣ブリスターパック・ラボ
┃ ⇒ http://www.daisei-ironworks.co.jp/blister-pack_labo/
┗マーキング・コトはじめ
⇒ http://www.daisei-ironworks.co.jp/marking-koto-hazime/

このエントリーをはてなブックマークに追加