クラフト袋のコストダウン!

クラフト袋を使われている原料メーカーの担当者様へ。

突然ですが、 クラフト袋の管理でお困りではありませんか?

クラフト袋って、
粉体やペレットなどの形状の原料をいれる大きな紙袋です。 
俗にいう、セメント袋や米袋で、 こんな感じのです。 

   

中味が同じでも仕向け先がいろいろと存在していて、その内容が予め、
品種毎に印刷されてあったり・・・品種毎にサイズが違ってたり・・・

そしてそれを、
品種毎に別々の棚に区分けして保管して、作業があるたびに、ひっぱり出してきて、
ロット番号などの項目を専用の輪転機で必要な箇所に捺印する。
この時の捺印作業が少々厄介で、ゴム印の入れ替えでインクで手が汚れたりして・・。

誰にでもできそうな単純な作業に見えて、 実は、職人的な作業になってしまっていて、
人の交代が容易にできない・・・。

もしかして、そんな方法で資材を運用されてませんか?


現状行なわれている業務のモロモロをコスト換算してみれば、
結構な額が毎日毎日垂れ流されてるんですよね。
『無駄な経費』として・・・。

で、
もしかすると、これが一番大事かもしれませんが、
ゴム印を使った印字ではトレーサビリティが期待できない! 
ってことです。

今の時代、 トレーサビリティ(履歴管理)できることが 当たり前ですし、
企業側の責務にもなってきています。
近頃流行りのコンプライアンスの順守というやつです。


そこで! 
そんな環境の改善に提案したいのが産業用インクジェットの活用なのです。

もしかして・・・  産業用インクジェットって、完成品だけじゃないの?
って、思われてませんでしたか??

実は、違うんですよ。 

では、
どのように活用すれば資材のコストダウンに繋げていくことができるのか?

簡単にお話ししますね。


まず、以下のポイントについて現状のクラフト袋の使い方を把握し、整理します。

1.サイズは、何種類あるか?
2.袋の形状の種類は?
3.仕向け(相手)先への印刷内容は?
次に、その中で統一できる項目をまとめます。

一番いいのは、プレ印刷をやめて無地にしてしまうのが理想ですが、
プレ印刷する場合でも、共通化出来る項目は可能な限り共通化してしまう方が
ベターです。
なぜか? というと、保管棚での管理がサイズと種類だけになるからです。
それがまとまれば、産業用インクジェットでの運用内容を決めます。

こうすることで、職人的な人材を配置しなくても、アルバイトやパートさんでも、
誰にでも作業ができるようになります。


大きな利点は、
産業用インクジェットにすれば印字内容をパソコンで管理することができる
ので、トレーサビリティへの対応がやりやすくなるという点です。

では、対応させて頂いた装置の事例を挙げておきますね。


事例をみて、ビビッ ときたら、お気軽にお電話ください!



または、ページからどうぞ。⇒ 『お問い合わせ』 ページ。
※ お問い合わせページからは、フォームにてお問い合わせが可能です!
  24時間、年中無休受付中!