【時短化設計研究所】なぜ、デジタルなのか? 

もう、2月も最終日。
でもって、2017年も2か月が過ぎようとしてる・・。

だんだんと日が長くなってきましたね。
日差しもなんだか、暖かく感じられるようになってきて、
なんだかんだと、季節は変わりなく、同じように廻ってくる。

なんか、早いなぁ・・・。

この調子で、この1年も過ぎていくのか・・・。(汗)

こんにちは!

時短化設計研究所 時短化思考家 けたさんです。

さてっと。

今や、なんでもかんでもデジタル化が進んで、
世の中がすっかり便利になってきたよね。

こんなものまで、デジタル? っていうくらい。

気が付けば、AIやら、IoTやら・・・ 先進技術と
言われてる技術がどんどん開発されている。

じゃぁ、なんでデジタルがいいのか?

実は先日、知り合いでラベル印刷機をつくられている会社の
社長さんと話す機会があって、その中で興味深いことを
聞いたんだよ。

デジタルにすれば、判がいらないからいいんだよ!

って。

うん、確かに・・・
印刷の業界って、これで大きく変わってきてるよなぁ。

 

判がいらないのは、一種の革命的要素。

印刷業界でデジタル化の革新が激しいんだよね。

その昔・・・ボクが小学校のころって、
今のように、パソコンで書類を作って、プリンターで
プリントアウトして、コピーして~ っていう
時代じゃない。

おぼろげながら覚えてるんだけど、
学校には確か印刷室みたいなのがあって、先生が
原稿を作って、判をつくって、そこでガリガリと
印刷する・・・ そんな時代だったんだよ。

 

学校から配られる資料は、わら半紙の時代で、紙質も
そんなにいいもんじゃなく、ちょっとザラザラしてた。
印刷だって、シロクロが当たり前。
時に、インクで汚れてたりして・・。 (^_^;)

とにかく、書類をつくって大勢に配るっていうことは、
結構厄介な作業が必要だったわけだ。

 

綺麗さが求められる商業用では、もっとシビア。

活字を並べて判を作って、印刷機に判をセットして・・。

印刷をするには、インキの調合だの、判を作ったりだの、
かなり技術が必要だったんだよ。
(むろん、現在でもその手法は残ってるのだけど・・・。)

だから、一般の人が簡単に印刷をするって、なかなか
難しかったんだよね。

それに、コストもそれなりにかかるし・・。

 

今はどうか?

っていうと、デジタル化され、データさえあれば、
データさえあれば判がいらず、簡単に誰でも印刷が
できるようになってる。


それが、そんなにすごいことなの?

って、思われるかもしれないよね。

 

判がいらないのがどれだけ便利か? っていうと、
例えば、印刷会社で考えてみるとね、

まず、判そのものが要らないので、その分にかかる制作
費用がいらなくなる。

同時に、判をセットするという作業が不要で、
あとは、判を洗ったりとか、保管したりという作業も
いらない。

作業等を含めて、かなりのコストが削減できるんだよ。

それに・・・・

これが一番大きいのだけど、
データさえあれば、どっからでもアクセスできるってこと。

ネットを使って、データを入稿すれば印刷できるという
サービスがでてきて久しいよね?

あれも、デジタル化の恩恵だよね。

 

デジタル化に伴う機械の進歩がすごい。

デジタル化に伴って一番変わったのは機械そのものだろう。

こと、印刷業界での印刷機械でもインクジェットが
主流なんだとか。

一般家庭に普及してるやつのもっと高精度・高画質なやつ。

数億円もするらしいよ。 (^_^;)

 

印刷業界では、その昔は、インクの色とか、印刷具合とか、
専門に校正する人がいたと聞く。(今もいると思うけど・・)

でも、今はどうかっていうと、校正というより、
デジタルデータを編集し、セットすることが主流になって
きてるんだって。

そう、インクの調合も、インキを練り合わせるのではなくって、
パソコン上の数値をいじって合わせるって感じになってるそうな。

作業そのものが変わってきてるんだよね。

 

そうそう、前述の社長さんが言ってたんだけど、
展示会で、ある印刷機をみたんだって。

その印刷機で刷られたサンプルの印刷物をみて、驚いて、
メーカーの人に聞いたんだって・・・。

これ、最初と終わりで、印刷の具合が違うんだけど?
どうなの? 均一じゃないやん?

 

すると、そのメーカーの担当から、
こんな風な答えが返ってきたんだって。

あなたは、この印刷物を何百枚も買うのかい?
数十枚、数百枚、数千枚も買うのであれば、色の違いも
わかるのだろうけど、単品で買うよね? 
なら、比較しようがないよね? 

 

ちなみに、その機械のメーカーは海外。

日本人の考え方は、例えば、1万枚刷ったとして、
その1万枚が全て均一、均等な印刷具合であることを求める。

でも、海外の考え方はそうじゃない。

1万枚刷ったとしても、1万枚を一気に買って、
全部を比較してみる人なんていない・・・

っていう考え方なんだよ。

・・・確かに、考え方が合理的で、妥当だ。 (^_^;)

デジタル化したから考え方が変ったというわけじゃない
とは思うのだけど、昔のような職人的な考え方が要らなく
なってるというのは確かだ。

どういうことか? っていうと、
デジタル化すると、全てが数値で表現できる。
だから、作業が明確であり、誰でも同じことができるようになる。

例えば、青を印刷で表現するとして、以前までは、
Aさんが表現する 青 と、Bさんが表現した 青では、
微妙に異なる状態が生まれてた。

インクの調合具合や、機械への調整の仕方で微妙に差が出る。
まぁ、出て当然と言えば、当然のことなのだけど・・・。

でも、デジタル化が進むと一変する。

数値で表現するのでAさんでも、Bさんでも同じ色がだせる
っていうわけだ。

この点は、デジタル化の恩恵とも言える。

・・・でも、それとは引き替えに、微妙は風合いとか、
“完全な” 品質がとりにくくなってしまった。

まぁ、どこまで保証するか? っていうことなんだけど、
微妙な職人技が不要になってきてる分、妥協せざるを得ない
事がらが増えてきてるのも確かだよね。

 

いいか悪いかは別にして・・。

デジタル化がいいのか、悪いのか・・・
それはともかくとして、これからは、一層進んで行く。

もはや、デジタル抜きではありえない・・って感じに
なっていくだろうね。

便利になる反面、その真逆に不自由に感じることも
必ず存在するわけで・・・・

だからこそ、重要なのは、どう活用するか? だよね。

デジタル化について、ともすれば、
人の仕事がなくなってしまうのではないか? と
悲観視する声もあるようだけどさ。

アナログにも、むろん、十分な良さがあるわけだから、
人の微妙な判断(アナログ)でしかできないことは、
人が、よりよくもっと、習得し、成熟させていくことが
重要だよね。

とすれば、
デジタルにはできないことが残っていくだろうから。

全部をデジタルに変えていくのではなく、
うまくとりいれていくことも、大切だよ。

そこがポイントだと思うなぁ。

 

******

時短化設計研究所。
TEL: 072-971-1505
お問合せフォーム ⇒ こちらから!

2

有限会社 大青鉄工<ダイセイテッコウ>
┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/

┣ 時短化設計研究所。
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/zitanka-sekkei/

┣ ブリスターパックラボ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/blister-pack_labo/

┣ マーキング・コトはじめ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/marking-koto-hazime/

┣ Ketaro’s Official Blog
┃ ┃   ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/keitaro_blog/
┃ ┏ Facebook
┃ ┃   ┣ http://www.facebook.com/keitaro.sanagi
┃ ┣ Twitter
┃ ┃   ┣ http://twitter.com/sanagiman_flush
┃ ┣ Instagram
┗ ┗   ┗ http://www.instagram.com/mr_pupaman/

このエントリーをはてなブックマークに追加