【時短化設計研究所】町工場が存続していく上で、大切なコト。

3月が始まってますね。

もうそろそろ、年度末も終盤戦・・・

うちは、少し前までは、
年度末ともなればバタバタしてたのだけど、
ここ最近は、そうでもなく・・・

だんだんと、
区切りが変わってきてるような感を受けてます。

そりゃ、そうだよね。

だって、やりたいときがタイミング!

年度末とか、期末とか、そういう区切りで考えてると
タイミングを逃してしまう可能性が大きいでしょ??

こんにちは!

時短化設計研究所 時短化思考家 けたさんです。

さてっと、今日の話題は・・・・
直接生産現場に絡む話しではないのだけど、
町工場が知ってた方がいいかなっていう話題でも。

 

仕事を継続させていく上で大切なコト。

先日、ある人と話をしてて、

仕事を継続していく上で大切なことって何?

っていう話題になった。

 

もう少し、別の言い方をすれば、仕事=会社と考えれば、
ず~っと、会社を存続させていくために大切なこと・・

 

皆さんは、なんだと思います・・・??

 

これって、一種の連想ゲームに近いかも?

で、こんな感じで、連想してみた。(笑)

 

会社を存続させていくために大切であり、必要なコトは?

→ お金。

 

じゃぁ、そのお金をどうやって得るか?

→ 仕事をとってくる。

 

じゃぁ、その仕事をとってくるには?

→ 営業?

 

じゃぁ、営業をするためには?

・・・

 

ちょっとした問答になるんだけどね。

たぶん、明確な正解なんてないと思うし、
答えは一つではないと思う。

そりゃ、仕事や会社の定義について考えれば、
広辞苑や国語辞典で調べたら載ってるんだろうし、
それなりのコンサルからすれば、ズバッとした
答えが返ってくるのかもしれない。

でも、社長の数だけ、答えがあるハズなんだよね。
社員を含めれば、もっと答えは出てくるはず。

 

お金も確かに大切だし、お金がなければ
会社として回らないのも事実・・・

 

でもさ、それ以外のところが大きく影響してると
思うんだよ。 甘いと言われても仕方ないけどさ。(^_^;)

 

そこには、【想い】が必ず入ってくるだろうから、
一つの解だけでは、言い表せない・・・ハズなんだ。

 

で、ボクの答えは・・・

 

 

大切なコトは・・・。

ボクが、最近になって強く感じてることは、

具体的に、自分たちを伝えること。

・・・なのかなって。

 

営業も確かに大切な要素。

でも、やみくもにはできないよね?

それ以前に、
自分たちを具体的に理解してもらわないとって
思うのだよ。

営業活動するしても、そこに何かしらの想いがないと
相手には伝わらない。

必要なことは、自己開示開示であり、具体的に
わかりやすく、自分たちの想いを相手に伝え、届けること。

ん?

---んと、
理解してもらう・・・ って、ちょっと違うな。

理解 “させる” のでもないなぁ・・・。

理解してもらうとか、理解させるって、
どちらかというと上から目線になってしまうニュアンス
があるから、ちょっと違うな・・・

理解した? わかった??
って、言われても、どうよ? って。(汗) (笑)

 

・・・ じゃなくって、そう!

共感してもらうこと!

大切なのは、如何に、共感してもらうか? 

なんだよ。

 

理解を求めるのではなく、自分たちの活動や行動に
共感してもらうこと。

それがポイントだよね。

 

町工場で考えてみれば、
自分たちを具体的に伝えることなんて、
一昔前の、モノを作れば売れる時代にあっては、
特に必要のない事だったのかもしれない。

理解を求めるのでもなく、わかる人にはわかる!
お前たちが理解しろ! みたいなね。 (^_^;)

・・・それに、仕事もたっぷりあったろうから、
特に、共感してもらう必要なんてなかった。

大切なのは、目の前につまれてる仕事を、
如何にさばき、稼ぎ出すか?
ってことだったと思う。

 

加えて、

製造業で言えば、伝えることというのは
想いの部分ではなく、

 

どんな設備や機械をもってて、
どんな加工ができて、
どれだけの人がいて、
どれだけの作業ができて、
ナンボでできるか?

っていう感じ。

 

 

想いというより、むしろ “スペック” さえ
伝えればOKだったんだよ。

何はなくとも、
モノさえあれば売れる時代だったから、
【想い】 なんて二の次。

伝えたところで、

『なに青臭いこと、言うてんねん!』

って、受け取る側も、そんな感じだったよね?

 

でも、今は違う。

スペックの情報もむろん必要なのだけど、
それは、後付け。

先に必要なのは、自分たちに対する具体性であり、
それを如何に共感してもらうか? っていうこと。

そこが一番のポイントになってくるだろう・・・
というか、現実に、そういう風になってきてる。

それに、その点は、
受け取る側の変化の方が顕著なのかもしれない。

 

こと、町工場について考えれば、
どんだけ、最新の設備を持ってたとしても
それだけじゃダメなんだよ。

スペックで訴えかけるのは、
確かに、スポットでは成約に至るかもしれないけど、
継続性はないよね。

 

なんでか?

って、それを上回るスペックを保有してるところが
現われれば、そっちに仕事が回ってしまうから。

昨今の中国とか、アジアな地域に仕事が移ってるのが
まさに、そうだよね??

で、

ボクが、言いたいのが何か? っていうとね・・・

 

 

21世紀は【人間力】の時代。

具体的に自分を伝えることと同時に、
もっとも大切なことは、【人間力】 なんだよ。

町工場であっても、そこに携わる人の
人間力が大切になってくる。 いや・・・・

町工場だからこそ、人間力が大きな武器になってくる。

 

イメージしてみて・・・。

例えばさ、
同じ商品を買おうとする場合での、こういう状況。

 

見場も、品質も、スペックも全て同じだと仮定して、

一方では、不愛想に、笑顔なくつまらなさそうに、
仕事をしてできた製品と、

もう一方では、愛そうよく、楽しそうに、キラキラの
笑顔で仕事をしてできた製品と・・・。

あなたなら、どちらを買う?

 

そこのところが大切になってくるんだよね。

・・っていうか、そこのところが十分な価値要素
になってくる。

そこを具体的に伝えて、共感してもらうんだ。

 

買い手もバカじゃない。
仮にそこんところを隠して、販売していたとしても、
その辺りはシビアにみられてるよ。
初回の購入はあったとしても、リピートは期待できない。

 

・・・・って考えると、必要なことは?

 

町工場だからこそ、発信力!

自分たちを、より具体的に伝えていく。

ブログなり、SNSなり・・・

今や、誰もが、簡単に発進するためのメディアをもてる
という便利な時代になったよね。

だからこそ、それをうまく活用して、発進していくんだ。

そうすれば、もっと、仕事を巾がひろくなるだろうし、
自分たちを知ってもらえるチャンスが増える。

そういうことを思うと、
過去の考え方や やり方でズルズルといってしまうのは、
ちょっと危険かもしれないよね。

昔は売れてた・・・ って、そりゃそうだよ。
そういう時代だったって、それだけのこと。

 

それに、
ブログやSNSの特性って、なんだかわかる??

それは、場所を越えるってこと。

一瞬にして、世界への扉が開かれるんだ。

 

“自分たちの技術や製品なんて、利用してくれるとこって限られてる・・”

って、狭い範疇で考えてると、それでしかない。

でも、想いをブログやSNSにしたためていけば、
見てくれる人や、その想いを感じてくれる人は
必ず、居るんだよ。

遠いと思ってた世界も、実は、目の前だったりするのだ。

 

また、もうひとつ加えておくと、

発信するってことは、即効性があるものではない。
即効性のある効果効能は正直、期待できない。

 

でもね・・ よく考えてみて。

仕事って、とどのつまりが人間関係。

人間関係での信用・信頼って、即効性を持って得れる
わけじゃないよね?

むしろ、時間をかけて築けたものほど、より強固な
信頼関係が結べている・・・ のとチャウ??

 

ってわけで、
時間はかかるかもしれないけど、 発信を続けていきましょう!

ってわけで、今日は少し自戒を込めて。(^_-)-☆

 

******

機械の相談だけじゃない!
マーケティングのコンサルや、心理面でのカウンセリングもOKです。
(*^-^)ニコ

時短化設計研究所。
TEL: 072-971-1505
お問合せフォーム ⇒ こちらから!

2

有限会社 大青鉄工<ダイセイテッコウ>
┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/

┣ 時短化設計研究所。
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/zitanka-sekkei/

┣ ブリスターパックラボ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/blister-pack_labo/

┣ マーキング・コトはじめ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/marking-koto-hazime/

┣ Ketaro’s Official Blog
┃ ┃   ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/keitaro_blog/
┃ ┏ Facebook
┃ ┃   ┣ http://www.facebook.com/keitaro.sanagi
┃ ┣ Twitter
┃ ┃   ┣ http://twitter.com/sanagiman_flush
┃ ┣ Instagram
┗ ┗   ┗ http://www.instagram.com/mr_pupaman/

このエントリーをはてなブックマークに追加