【時短化設計研究所】コストにも種類があるって、知ってた? コストを考える上で大切なコト。

3月になって、卒業シーズンですね。
うちは明日から3連荘で卒業式。

子だくさんなもので、卒業・卒園式が
3日連続で重なるんです。 (^_^;)

ちなみに、入学式は2日続けてなんです。
小学校と高校が重なってるので、
夫婦でばらけて、参列予定!

こんにちは!

時短化設計研究所 時短化思考家
けたさん(@sanagiman_flushです。

さてっと、今日の話題は・・・
コレにしようかな。 (^^ゞ

・・・ コストの考え方について。

ところで・・・・
ちょっと質問なんだけど、

コストにも種類があるって、ご存知ですよね?

 

 

コストの種類を認識しておくこと。

・・・って、当然、こういうことって、
皆さん十分すぎるくらいご存じだと思うんだけど・・。

 

え゛??

 

もしかして、コストって、
『モノの値段』だけで思ってた???

 

うっ・・・。(泪)

 

 

製造業種の場合、
モノの値段だけがコストだと思ってると、
とんでもないことになりますよ。(汗)

 

コストには、色んな種類があります。

 

まずは、物理的なモノの値段とか、
『お金』という物理的な紙幣が動く状況。

これは、一番気に留めやすいので、
わかりよいですよね。

 

次にわかりやすいのが、人件費。

これも、イメージしやすいですよね。

 

で、わかりにくいのが、
管理費などといった目に見えない部分かな。

それでいうと、
作業とか、時間とかもそうだよね。

 

その辺りのコストって、
目に見えないから ないがしろ に
されがちなんですよ。

っていうか、見えないから、
意識されないところも多いから、
結果、ないがしろにしてしまう・・・ややこしいか。(笑)

 

でもね、実際のところ、
モノの価格や人件費などといった目に見えるコストより、
目に見えない部分の方が重要だったりするんだよねぇ。

 

 

モノを買う時に注意したいコト。

では、少し、しつもんします。

モノを買うときって、どの辺りをケアしますか?
何に重点を置いて、モノを買いますか?

 

例えば、
機械や設備を導入するといったシチュエーションで。

ケアするのは、

モノ そのものの価格?  ・・・だけ??
それとも、消耗品などのランニングコスト?

 

もし、そうなら、
それらって、目に見える範囲でのコストですよね。

でも、ケアしたいのは目に見えない部分。

 

機械を創ってるボクの立場から言わせてもらうと・・。

 

例えば、

機械などの場合には作業性とかの機能面であったり、
設置面積であったり。

そうそう、
設置面積でさえ、コストにかかってくるんだよ。(^^ゞ

余談なんだけど・・・。
同じ仕事をするにしても、莫大な設置面積がいるなら、
その分、他の仕事が圧迫されるよね?

置きたいモノがあっても、置けないという状況が
生まれてしまう。

作業エリアって、資産のひとつだから、つまり、
設置面積もコストの一種であるということが言える。

作業性は、むろん考えるべきコストだよね。

 

でね、
例えば、これは、よく聴く話なんだけど、

安い機械を仕入れてきて、
自慢げに、その安さをひけらかすようなところも
あるようなのだけど・・・(汗)
あ、ちょっと、脱線。(笑)

確かに、物理的なモノのコストを考えれば、
それでコストは下がってるのかもしれない。

でも、全体を通して見た時には、どう?

また、これは、
包装資材とか、原材料の部分でも同じなんだけどさ。

1円、2円下げて、よろこんで・・・。
って、本当にそれが喜ぶべきこと???

 

機械にせよ、資材にせよ、
美術品のような『飾り物』や『置き物』じゃない。
稼働させて初めて、“価値” を産み出すもの。

見かけのコストだけに、囚われていると、
大きな損失が待ってるんだよ。

 

 

見えないコストに重点を置く。

コストを考える上で、大切な視点は、
見えない部分にこそ、重点を置くということ。

資材単価や、購買費を1円、2円下げたところで、
それによって作業性が低下したり、管理費が多く
発生したのでは、何のためのコストダウンなのか?
・・・ だよね。 ┐(´д`)┌ ヤレヤレ

 

安い資材を買ってきて、

『やった! 資材のコストダウン化が図れた!』

って、本当にそう、思ってる??

 

安い価格で、機械や資材を手に入れたとしても、

調整に多大な時間をかけなければ使えないとか、
作業が危なっかしいとか、
消耗品がたくさんでるとか、
現場の雰囲気や環境に沿っていないとか、
大幅に改造しないと使えないとか、
資材に下処理をしないと使えないとか、
品質そのものが低下してしまうとか、
そもそも、その資材が適合してないとか・・・

 

もろもろの状況が発生して、結局のところ、
高い買い物になってしまったというのをよく聴くよ。

この点、例えば、ご自身のポジションが
購買担当者であったり、部門のトップであったり
する場合によくはまりがちなトラップみたい。

・・・保身? みたいな感情が発生する・・・
のかどうかは、定かじゃないのだけど、
第3者の視点で見てると、部署の成績とか、立場だけを
優先するがあまり、そこだけの利益を考えてしまう
キライがあるように感じる・・・のは、ボクだけ。(笑)

 

大切なのは、バランス なんです。

1円、2円下げたところで、全体のバランスを欠く
のであれば、どうなんだろう?

部署的にはそれで、メンツが保てたとしても、
会社としては、どう??

それでも、コストが下がったと言える??

 

逆に、1円2円、高くなったとしても、
それによって、目に見えないコストが
半減したとするなら、結果としてコストが
下がったということになる・・・よね??

 

機械や、資材などでちょっと単価が高いかも?

って思ったとしても、いったん、
全体をみて判断してみる。

一方向に囚われて見るのではなく、全体を俯瞰してみる。

コストを考える上で重要なのは、バランスを考えて、
全体をマネージする視点が大切だよ。

 

******

時短化設計研究所。
TEL: 072-971-1505
お問合せフォーム ⇒ こちらから!

2

有限会社 大青鉄工<ダイセイテッコウ>
┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/

┣ 時短化設計研究所。
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/zitanka-sekkei/

┣ ブリスターパックラボ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/blister-pack_labo/

┣ マーキング・コトはじめ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/marking-koto-hazime/

┣ Ketaro’s Official Blog
┃ ┃   ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/keitaro_blog/
┃ ┏ Facebook
┃ ┃   ┣ http://www.facebook.com/keitaro.sanagi
┃ ┣ Twitter
┃ ┃   ┣ http://twitter.com/sanagiman_flush
┃ ┣ Instagram
┗ ┗   ┗ http://www.instagram.com/mr_pupaman/

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加