【時短化設計研究所】過去の実績シリーズ:キャスターの耐久性を試験する装置

本日は山の日・・・。
世間では、 お盆休みが始ったみたいだね。

で~も、今年のうちは、
( ̄○ ̄)お( ̄◇ ̄)や( ̄ο ̄)す( ̄ー ̄)ノ~~~み~♪・:*:・゚★,。・:*:・゚☆
ナシ!! (日曜日は休みますが・・・)

フツウ通りに営業しとります。 ( ̄^ ̄)ゞ

ちょっと、納期を抱えてる創りモノがありまして・・
って、溜まってしまったので、休みの間に
一気に起死回生を狙ってるわけです。 (笑)

こんにちは!

自称料理研究家
ケタロー(@sanagiman_flushです。

そうそう、もう一個ツイートのアカウントを
とりました!

ブリスター包装時に点字をうつ@大青鉄工
@DaiseiIronworks

こちらのフォローもよろしくお願いいたします!!

 

さて、今日の話題は、これ!

過去の実績シリーズ! (* ̄ー ̄*)ニヤリッ

これを、もうね、
シリーズ化してしまおうかなって。(笑)

まぁ、備忘録もかねて、アップしていこうと
思っとります。

で、その第一弾は・・・。

キャスターの耐久性を試験する装置

キャスターって、実にいろんなところで
使われてますよね?

身近なところでは椅子だったり、机だったり、
ベッドだったり、家具だったり。

移動が楽になるので、便利ですよね。

でも、それがすぐに壊れてしまうようではちょっと問題。

いや、
ちょっとどころではなく、場合によっては、
事故やけがの原因になってしまう。

むろん、設計荷重(1個当たりの許容荷重が決まってる。)
の範囲内で使われるのが大前提なのだけど、
それでも、耐久性の問題って致命的になったりする。

なので、当然、
メーカーでは、製作時に耐久試験を行うのだ。

ってわけで、その当時縁あって依頼を受けて製作したのが

【キャスター耐久試験装置】!!

※訳あって、キャスターの部分は隠させてもらってます・・。

どういう試験をするか? というと、
この装置の場合では、取り付けたキャスターを走行させ、
わざと振動を与えるような仕組みで一定の負荷を与えて、
どれくらいで破壊に至るか? を調べるという内容です。

当然、試験中のデータを取れるようにしているので、
それを解析して、次に活かすって感じですね。

これによって、品質が保たれ、安心・安全が確保される
っていうわけです。 (^^ゞ

・・・ ちなみに、
撮った画像の日付をみたら、2003年だったわ・・。
ふっるーーー。 (^_^;)

背景が汚いなぁ・・。 (汗)
今のレイアウトと違うんで、なんか、懐かしい感じがする。
(* ^,_っ^)ゞ

******

時短化設計研究所。
TEL: 072-971-1505
お問合せフォーム ⇒ こちらから!

2

有限会社 大青鉄工<ダイセイテッコウ>
┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/

┣ 時短化設計研究所。
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/zitanka-sekkei/

┣ ブリスターパックラボ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/blister-pack_labo/

┣ マーキング・コトはじめ
┃ ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/marking-koto-hazime/

┣ Ketaro’s Official Blog
┃ ┃   ┣ http://www.daisei-ironworks.co.jp/keitaro_blog/
┃ ┏ Facebook
┃ ┃   ┣ http://www.facebook.com/keitaro.sanagi
┃ ┣ Twitter
┃ ┃   ┣ http://twitter.com/sanagiman_flush
┃ ┣ Instagram
┗ ┗   ┗ http://www.instagram.com/mr_pupaman/

このエントリーをはてなブックマークに追加