時短化設計。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと待って! その機械を入れて本当に大丈夫ですか?

『作業能率が悪いなら、機械をいれて効率化を図ればいい!』

経営者を含め、作業をされている多くの方が、ほぼ、そのような考え方をされていますよね。
でも、その反面、こう言う話も耳にしたことがあります。

仕事の効率をあげるために、
最新鋭の機械を導入したのだけど・・
なんでだろう? 
思うような効果がでない。
       
機械化して作業が楽になるはずだったのだけど・・・。 
なんでだろう? 
前よりも無駄に忙しくなった気がする・・。
機械を導入して 、効率化や生産性の向上を目論んだはずが
こうなってしまうと、すごく残念ですよね。

確かに、機械を導入すれば、『ある程度』の効率を生みます。
また、生産性が改善され、ある程度の能力は確保できるようになります。

でも、これは正確にいうと、効率を生んでるように見えるだけで、
本当の能力を活かした上での効率化ではないのです。

実は、根本的なことを考えないと、本当の効率化は図れないのです。




機械を導入して、本当の効率をあげるためには・・・?

『これで、効率があがる! 儲かるぞ!』 

意気揚々と莫大な費用と時間を費やして、機械を導入・・・。
でも、思ったほどの効果がでていない。(泪)

挙句、

折角、高い金払って機械を入れたのに、 なんで効率が上がってないんだ! 
 お前たちの使い方が悪いんじゃないのか? バカヤロー!!! ( #` ¬´#) ノコラ!

って、その責任を現場に詰め寄り、叱責したり・・。


少しオーバーな表現だったかもしれませんが、
経営する側からすれば投資した割に効果がでないって、たまりませんよね。 

・・・いや、
その責任をかぶせられる現場担当者の方がもっとたまらない・・かも。(大汗)

もしかすると、
その状況でハッピーになるのは、その機械を買ってもらった業者だけだったりしますよね。 
(爆)


実は、 単純に機械を導入しただけでは、効率化をあげることにはならないんです。

『現場に潜在的に潜んでいる問題』を明確にして、そこに向き合わない限り、
本当の効率を上げることは無理です。



え?? ナニそれ??



大事なことなので、もう一度言いますね。


単純に機械を導入するだけでは本当の効率化にはならないんです!!

もし、単純に機械を入れることで効率が得られると思われているとするのなら・・・
それは、機械メーカーのセールストークにまんまと洗脳されてしまってる・・・ 
のかもしれませんね。


実は、
本気で、現場の効率を考えるなら、一カ所だけの効率をよくしてもダメなんです。

『機械を導入する=一カ所だけ』の効率をあげたとしても、他の効率の低いところに
合わせることになってしまって、結果的に、全体ではあがらないんです。

じゃぁ、どうすればいいの? どうすれば、効率化を図れるの?

って話、とても、興味深くないですか??


今なら無料でプレゼント!

実は、
本気で自分たちの生産現場を変えたい! 
もっと詳しく知りたい!  という人のために、冊子をつくったんです。

過去の経験から紐解いた生産現場をより豊かな環境に変えていくための
智慧というか、考え方をまとめました。

だから、ホントのところ、
この冊子を売ってもいいくらいのことなのですが・・・。


でも!  安心してください!

ボクらの信条として、困ってる生産現場を
少しでもなくしていきたい! って思ってます。

なので、
今回は無料でプレゼントしたいと思います!

無料のプレゼントは、
こちらから受け取ることができます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの生産現場に、
少しでも、お役にたてるとうれしいです!


また、
『うちの生産現場をみてほしい!』
『うちも、相談にのってほしい!』
って方は、こちらからどうぞ。

お問合せは、お気軽に!


フォームからは、年中無休・24時間受け付け!  
こちらからどうぞ!  ⇒  お問い合わせページ。