時短化設計の流れ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

打ち合わせ~据付まで、
おおまかな流れをご説明させて頂きます。

どんな些細なことでも、まずは、
お気軽にお問い合わせくださいね! 

① 打ち合わせ

打ち合わせイメージ

お問い合わせの内容により、
打ち合わせをさせて頂きます。

電話で打ち合わせ・・・
もよいのですが、ベストなのは
Face to Face。

お互いに顔を突き合わせて、
お話を聴かせていただくことを
基本ベースとしています。

現状の確認と、どういう仕組みを構築すれば時短化が図れるか? 
をカウンセリングさせて頂きます。

場合によっては、現場にお邪魔し、実際の状況を確認させて頂きながら
打ち合わせをさせて頂くという場合もあります。

現行の不満点や改善したい点など、どんどん意見を語り合いましょう!

実際使用される方、現場をよく知ってる方の意見があれば、非常に有意義です!



② お見積り

見積もり作成イメージ 打ち合わせの内容を元に
最適な時短化を構想し、
それにかかる費用を見積し、
提出させて頂きます。

社内でじっくり、検討してください。





※ 図面等詳細資料の提出は、ご契約以降となります。
  なぜ、詳細図面を提出できないのか? は、『お取引について』をご参照ください。





③ ご注文

○○○○○○○○イメージ お見積りさせて頂いた内容にご納得頂き
相違なければ、注文書をご発行ください。

※ フォーマット等の規定は特にございません。


注文書受領後は、
弊社より注文請書を発行させて頂きます。
金額・納期に相違がないか、
改めてご確認ください。
※ 内容によっては、
  着手金を頂く場合がございます。


なお、 製作時には動作を確認するための 対象商品(資材)が必要となります。
また、
資材は実際に該当する現場で運用されているものを 原則とさせて頂いております。
試作段階である場合には、予めその旨をお伝えください。

なぜ、試作品ではダメなのか? 
というと、 試作品であっても大筋の動作確認はできるのですが、
本製品になった時点で、品質や質感に微妙な差が生じている 場合があります。

その微妙な差が、 設計にに影響を及ぼすことがあるのです。
なので、最終確認にはならないのです。

たとえば、
試作品と本製品でそのサイズが少し変わっているとか、 試作品はきっちり丁寧に
できあがっているのだけれど、 量産体制に入った本製品では少し “甘さ” が
でているとか、 使用している素材の質感が変わっているとか。

こと、素材の差は、たとえ、数値的な物性が同じでも、 感性な面で明らかに
異なる場合があります。 なので、 正確に検証するという点では本製品を使うのがベストです。

という理由から、本製品の提供を徹底してお願いしています。

※ 使用する資材は、無償による提供をお願いしています。
  資材の提供が有償になる場合には、本件の契約をお断りさせて頂く場合があります。
  予め、ご了承ください。 





④ 図面着工・図面承認

○○○○○○○○イメージ

打ち合わせの内容を元に
最適な時短化を実現すべく、
アイデアを詰め、
図面に着手していきます。

ある程度完成した時点で、
経過報告とともに内容を
確認して頂きます。

相違なければ、そのまま継続します。 

変更点がある場合は、修正を加えながら進めていきます。(※)

なお、時短化設計を行うためには、対象商品となるサンプル等をお借りする場合がございます。

その場合には無償による提供をお願いしています。
図面完成後、ご確認いただき相違なければ、実際の製作を開始します。(※)

 
当初の予定にない要望事項や大幅な変更が生じた場合は、別途費用が発生する場合があります。
納期の関係などで、図面の確認作業をスキップする場合もございます。
なお、図面着工以降のキャンセルは、キャンセル料が発生します。





⑤ 製作開始!

製作開始イメージ図面に従いながら、製作を開始します。
製作時においては、
設計時には想定しきれない問題が
生じる場合があります。

その場合は、
都度修正を加えながら製作していきます。

規模にもよりますが、
おおむね3カ月程度の製作期間を頂いております。

この期間、お客様にはただ呆然と待っていただく・・・というわけではありません!

導入以降、

どう使うか? どう活用するか? 

完成までの間に社内での運用ルールをじっくりと話し合い、決めてください。


★ Key POINT ★
運用ルールを決めるというプロセスがとても大事で、今後の成果を決める カギ となります。

例えば、仕様や購買を決める部署と実際使用する部署が異なる場合にはとても注意が必要です。

部署間の意志の疎通がなければ、いざ、据え付け、いざ、運用開始!となった際に、

『機械が入るなんて知らない、そんなの聞いてないよ!』
『また、勝手に決めて・・・ うちら(現場)の意見は、まったく無視なの?』
『え゛~、ここの機能ないの? それがないなら、使えないよ!』
『変なところでケチって・・・ 肝心なところがアカンやん。』
・・・みたいなことになりかねません。

『え~、そんなことないやろ~。』

って思われるかもしれませんが、 これって実際によくあることなんです

生産性、作業性の良し悪しを決めるのも このプロセスに絡んできます。

ですので、導入に向けてプロジェクト化するなど特別なチームを編成し、
実際に作業に携わっている方をメンバーに加えるというのが理想ですね。

それがムリなら、 作業現場を交えた社内でのヒアリングを必ず行うことを
強くお奨めします。

ある日突然導入し、現場からすれば『やらされ感』満載な感覚に陥らせてしまうのと、

導入を決める段階で現場も巻き込んで、『自分たちが決めた!』と現場が自発的に
動けるような環境にするのと・・・


以降の結果は歴然です!

くれぐれも、据えつける担当部署への押し付けにならないようにお願いします。





⑥ 出荷前立会検査

○○○○○○○○イメージ出荷前の弊社内でのレビューです。

実際の現場に据え置く前の
確認をして頂きます。

手直し、要望事項(※)がある場合は、
この段階で指示をして頂きます。

なお、最終的なお引渡し日程を
このタイミングで決定します。


※ 要望事項のボリュームが大きい場合、
  また、
  見積もり時の項目に含まれていない要求については、別途見積もりによる対応と
  させて頂く場合があります。

  

!!注意!!

出荷前の立会は必ず対応をお願いしています。立会なしのお引渡しは、お受け致しておりません。
特に、機械モノの製作物につきましては、
立会を絶対条件とさせて頂いております。





⑦ 納品

○○○○○○○○イメージ出荷前の立会が終わり、
最終的な機械の調整・仕上げを終えると、
いよいよ納品となります。 

納品には2通りの形態があります。

1.現地での据え付け設置作業を伴わない場合。
2.現地での据え付け設置作業を伴う場合。



1の場合。

お客様にて据付調整して頂きます。出来上がった製作物を自ら引き取りに来ていただくか、
もしくは、弊社の指定便にて輸送するか、どちらかのパターンを指示ください。

※ 
弊社の指定便にて輸送する場合は費用が発生します。
別途見積もりによる対応となります。なお、お客様で設置後、
『調整がよくわからない。ちょっと来てくれない?』
という場合にも、別途費用が
発生する場合があります。


2の場合。

弊社による現地での据付調整作業後のお引渡しとなります。 
※ 
運送費・据え付け調整費は別途見積もりによる対応となります。






⑧ 完了。

さぁ、完了です。 
どんどん活用してください! 

御社の時短化に貢献できることを応援しています!! 

ゆとりで得た時間を、文化的・創造的・知的にご活用ください! 
(*^-^)ニコ



********

さぁ! あなたの生産現場もより快適にしてみませんか? 
お問い合わせは、こちらから 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



フォームからは、年中無休・24時間受け付け!  
こちらからどうぞ!  
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓