家業を継いだ時の話とこれからのこと。

リターン トゥー マイ。。

サラリーマン生活に一区切りをつけ、家業を継ぐべく親元に戻ったのが2000年2月。

ミレニアムな年に向かう2000年当時といえば、ちょうど、ノストラダムスの大予言とともに、〝Y2K問題〟がホットな話題になっていた頃です。 ちなみにY2K問題とは、西暦が2000年に変ることでコンピュータに誤作動が起きると言われていた問題のことです。 ソフトウェアの作り方によっては、西暦下2桁の【00】年を2000年として認識せず、1900年と判断してしまう。そのため、データの記録がめちゃくちゃになってしまうかも… ということが危惧されていました。

その問題への対処が当時のボクの担当でしたので、一通りの確認を済ませ、区切りをつけたところで会社を辞めました。

戻ってきてしばらくは、分野が全く違っていたので何もかもが新鮮… というより、正直なところしばらくは困惑の連続でした。(汗) やってみたい、やりたいことも、技術が伴わないのでままならず。(A;´・ω・)アセアセ

一応、機械工学を専攻して習ってはきたものの、学校でやってきたことと実際とでは当然ちがうわけで…。

サラリーマンの頃は、ある程度自分の好きなようにやっていて、自分の立ち位置、居場所も確保できていたのに、帰ってきてからはなんだか自分の居場所が感じられず…。 親父からは〝あれやっとけ! これやっとけ!〟と、まるで雑務のような仕事ばかり。入ったばかりで自分で判断できないというのが、ものすごく歯がゆくもあり、嫌でもあり…。 

 何で帰ってきたんやろ?
 何のためにここにいるんやろ?
 前のまま仕事してたら今頃は…?

と思う日々が、しばらく… いや、数年間は続いていましたね。 仕事に対する前向きな明るさというより、後悔に似た感情方が大きかったような気がします。

当時というか、今もなのですけど、親から指図されずに独りでできるコトと言えばパソコンくらい。 なので、社内のネットワーク(通信)環境を整えて、電子メールを使えるように整備し、ホームページを自作するいうことで、なんとか自分の居場所やモチベーションを確保してました。

今でこそ当たり前なのですが、その当時の町工場の主流は依然として電話とFAX。電子メールやホームページも持ってるところがすごく稀で先端を走ってる感じでしたよ。笑 

そんなある時、転機がやってきたのです。


1 2 3 4 5 6