代表の想い。

メッセージ

CEO  

こんにちは。初めまして。

2代目社長『けたろー』こと、
佐薙啓太郎(さなぎけいたろう)と申します。

〝さなぎ〟という苗字が珍しいので、それって芸名ですか? 
って、聞かれることもあるのですけど、本名です。(笑)

あと、風貌からよく美容師さんですか? と言われます。
違います、エンジニアです。(笑)

そうそう、
社長と言われるのが嫌なのでニックネームでお願いしてます。


少し、ボクのバックグラウンドをお話しますね。



 == 目次 ==
   ☑ 実は、三代目? かも?
   ☑ 産業用インクジェットプリンターとの出逢い。
   ☑ もっと、知ってほしい! IJP導入時のポイント。
   ☑ うちでやってるコト。
   ☑ 追伸。
   <番外> 覚悟の瞬間。



 



☑ 実は、三代目? かも?

実は、祖父も鉄工所をやってました。
ボクが生まれる前の話です。

でも、もろもろの事情で、会社は解散し、閉鎖。 

血統的には3代目というのが正しいのかもしれません。


ボク自身のことを言えば、血筋なのでしょうか・・。
小さい頃から機械をいじるのが好きでした。

時計を分解してみたり、ラジオをばらしてみたり。
内部の構造的なことを知るのが好きでしたね。

それは今も繋がってて、
どちらかというと造るという行為よりも
機械の構成や構造、仕組みを考えるのが好き! です。


 


☑ 産業用インクジェットプリンターとの出逢い。

ところで・・・。

『産業用インクジェットプリンター』って、ご存知ですか?

パソコン用のインクジェットプリンターではなく、生産現場や製造現場などの
産業用途で使われるインクジェットプリンターです。

普通の人なら、たぶん、ご存じないですよね。(汗)

何の目的で使われているか? というと、
身近なところで言えば、商品パッケージには賞味期限や消費期限などが
書かれてますよね?

あーいった文字を書くのに使われるのが
産業用インクジェットプリンター(以下、IJP)なんです。

でも、この仕事に関わって知ったのですが、IJPはそれ単体では使えないんです。
設置する台が必要だったり、製品の搬送設備が必要だったり、諸々の器材や仕組みが
必要になります。

ご縁を頂いて、
そういった器材や仕組み(機器装置)を手掛けるようになりました。

じゃぁ、なんでそういうのが創れるのか? っていうと、
もともと、うちでは〝ブリスター包装機〟とか、省力化機器類を手掛けていて、
機械設備や治具などを創ることを生業にしていたからなのです。

こと、IJPは包装分野で広く用いられているのもあって、
割とすんなり取り組むことができました。


 


☑ もっと、知ってほしい! IJP導入時のポイント。

この仕事と関わるようになって、思うことがあります。

それは、

器材のポイントを知らずに導入してる人が多いんだよなぁ 

ってこと。(汗)


前述した通り、IJPは、それ単体では使えません。
印字する対象となる『モノ』を動かさないと描けないのです。 

でも、ただ動かしたらいいっていうのじゃなくって、
如何に安定した仕組みをつくるか? 
がポイントになってくるんです。

でも、その辺りのことってメーカーがやってくれるんじゃないの?

って、思われるかもしれませんよね??

・・・・・ 答えは、NO! です。

IJPのメーカーが対応してくれるのは、基本的にIJP本体のところのみ・・ 
なんです。(涙)

まぁ、メーカーによってはトータルでやるところもありますけどね。


けど、ここだけの話、
メーカーの担当さんって、プリンターそのものには明るい(知識がある)のだけど、
周辺の機械モノになるとカラッキシ・・・ って人が多いんですよ。(汗)

それに、プリンター以外のところって、個別対応になってくるので、
結構メンドクサイというか、それなりにリスクも大きくなってしまうので
担当からすれば やりたくない! というのが本音なところみたいです。 (汗)


だって、自社製品のプリンターだけ売ってたら楽でしょ?? w
それである程度の売り上げ(成績)になるんだったら、なおのコトですよね? w

余計なことに首突っ込んで面倒なことになったり、巻き込まれたくない 
って思うのは、まぁ正論かもしれませんね。 (^_^;)


 


☑ うちでやってるコト。

ご縁があって繋がったこの分野。

前述したかもしれませんが、うちの本業は、
ワンオフでの省力・省人化機器の設計製作(※)です。
(※ 時短設計®と呼んでます)


機械を創っていく上で、大切にしていることが2つあります。

まず、真っ先には、〝喜んでもらってナンボ〟っていうこと。
次に、『機能だけじゃなく、デザインも性能』ということです。


人手不足や、賃金の上昇、労働時間の短縮化など・・・日本の労働環境は、
今までと同じ考え、アプローチではますます立ちいかなくなってきてます。


せっかくのご縁。

生産現場の『時短設計®』という視点で、何かご支援ができればなぁと思っています。


インクジェット用もさることながら、現在は、そこから派生して
ラベラ(ラベルを貼る)を組み込んだ装置や、レーザーマーキングなどを
含めたマーキング全般の周辺機器を手掛けさせて頂いております。


生産現場、製造現場で働く人々に少しでもゆとりが生まれればいいなぁ
なんて思いながら、創る立場からみたあれこれをブログ的につづって
いきたいと思ってます。

というわけで、今後とも、よろしくお願いします!


 


☑ 追伸。

そうそう、インスタやってます。
実は、複数アカウントをもっておりまして・・。 (*/∇\*) キャ
よければ、フォローをお願いしますっ! 

個人なインスタ ⇒ https://www.instagram.com/mr_pupaman/
仕事のインスタ ⇒ https://www.instagram.com/mr_pupaman_jitansekkei_si/
料理のインスタ ⇒ https://www.instagram.com/mr_pupaman_workerskitchen/


そうそう、ツイッターもやってます。
よければ、フォローをお願いしますね。(^^ゞ

個人なツイッター 仕事      ⇒ https://twitter.com/sanagiman_flush
個人なツイッター カウンセラー  ⇒ https://twitter.com/love_rogerian
仕事のツイッター ⇒ https://twitter.com/BlisterPackLabo


そうそう、Youtubeのチャンネル開設してます!
よければ、チャンネル登録をお願いします!

仕事用チャンネル ⇒ 時短設計研究所/ブリスターパック・ラボ/マーキング・コトはじめ
個人なチャンネル ⇒ Ketaro’s Back-Side Jumming!


そうそう・・・ 

猫を飼ってます!
ボク自身が猫アレルギー持ちなので、まさか、飼うことになるなんて
夢にも思わなかったんですけど。(笑)
飼ってみれば、猫アレルギーはなんとか大丈夫です。 (^^ゞ



これも、何かのご縁なんでしょうね。(^^ゞ
なんだかんだと、2匹おります。 

すっごくかわいくて、毎日癒されてます。
我が子に抱く感情とは、また違う感じですね。

子どもの情操教育にもよかったみたいです。
猫たちのお陰で、子どもたちの意外な一面を知ることができました。


猫用のインスタもはじめました~。
よければ、フォローお願いしますっ!

猫用のインスタ ⇒ https://www.instagram.com/mr_pupaman_quu_tenn/


ちなみに、インスタにでてくるキャットウォークとかゲートとか
猫じゃらしは、ボク製です。(笑) 

ものづくりやってて、設計できてよかった~! って、思いますね。(笑)

マーキング・コトはじめ こと、
有限会社 大青鉄工(ダイセイテッコウ)
包装機械相談士 時短設計®士
代表取締役 佐薙啓太郎



 


覚悟の瞬間 時短設計士 有限会社大青鉄工 佐薙啓太郎