家業を継いだ時の話とこれからのこと。

そろそろ、代替わり?

設計することに新たな居場所を見いだしたのち、もう一つの転機がやってきました。 それは、〝社長〟への就任です。 といっても、そんなにドラスティックに感情が変わったわけじゃないのですけどね。笑 

世間体を考えたら、そろそろ、代替わりしとこか?

という感じのノリでした。 第一、よくある〝社長交代しました!〟みたいなハガキを出してというのはやっていないのです。 照れくささもあり、そういうノリが好きじゃなかったので、社長交代の触れ(ふれ)はその年の年賀状で済ませました。 ちなみに、諸々の事情により、現状は2名の代表取締役いう構成になっています。 親父が【大社長】で、ボクが【社長】です。 親父さんが、会長では? と思われるのですけど、うちは、【大社長】にしてます。 遊び心があるでしょ? w

ところで、社長になってから何が一番変わったのか? というと、強いてあげるなら『学び』です。

それまでは、ほぼ、家と工場の往復の毎日。 どこかへ出向くとか出かけるというのは、機械の設置か打ち合わせくらいでした。 外に出て〝誰かから何かを学ぶ〟ということは全くしていなかったのです。 興味のあるテーマはなくもなかったんですけど、正直なところセミナーに行けるという雰囲気でもなかったですね。

『そんなもん行く時間があるんやったら、仕事しとけ!』

という親父の一喝と不機嫌なプレッシャーが…  滝汗  

恐らく、ボクらの親世代が社長である場合は、そんな感じのところが多いのでは? と思ったりします。 もっとも、『この勉強、絶対にやりたい!』というこちら側の強い意志でも示さない限り、特に、町工場の分野では、 

そんな勉強必要ない。 無駄に金使うんやったら、
機械の動かし方でも覚えとけ。

と一蹴されるケースが多いのじゃないでしょうか? 

それに、社長になる以前のボク自身も『セミナーって、どうせ講師の金儲けやろ…』くらいにしか考えておらず、外で勉強することにあまり魅力を感じていなかったのは確かです。

でも、ボクが社長に就任することになって、そのマインドがちょっと変わってきて、 

……… このままじゃイカンか?

そんな感情が親父の中にもボクの中にも芽生えてきました。 ちょうどその頃、経営者が集まるようなセミナーへのお誘いなどもあって、それ以降、セミナー三昧な日々を過ごすようになりました。

幸運にも大阪市内には『大阪産業創造館(産創館)』という大阪市が運営している施設があって、そこでは定期的に起業家向けのセミナーや勉強会がリーズナブルな価格で開催されています。 その存在を知ってからは、入り浸るように通っていました。

会計や税理、ホームページの作り方など直接仕事に関連する事がらはもちろん、マーケティングや、心理学、ホリスティックやカラダのこととか… 産創館でのセミナーに限らず、興味のあるテーマはジャンルを問わず、開催場所を問わず、片っ端から受講しました。 そのスタンスは、今でも変わりませんが。 笑

勉強のお陰か、講師として登壇する機会を頂くこともあります。

セミナー講師
日刊工業新聞社様主催 セミナーに登壇。

1 2 3 4 5 6