よくある質問。

クライエント様より、よく頂くことがらを〝よくある質問〟としてまとめてみました。ご参考にどうぞ。

Q.得意な分野はなんですか?

⇒ 包装機関連を得意としています。

専門は、〝ブリスター包装機〟です。その中で培った技術を活かして、自動供給機や自動整列機といったことを主体に時短(効率化・省力化・合理化)に向けた対応へのお手伝いをさせていただいております。

また、インクジェット等を利用した印字関連の分野も得意です。

ちなみに、製作機器の大きさは、2mx2m程度くらいが得意です。
(工場の都合があり、あまり大きいと搬出ができないという問題がでます。(A;´・ω・)アセアセ)

Q.現場を見て頂けますか?

⇒ もちろん可能です! 

お話だけよりも実際に現場を見せていただく方がよい場合があります。お気軽に、ご相談ください。

※ ただし、内容や地域によっては費用が発生する場合がございます。予めご了承ください。

Q.構想図は頂けますか?

⇒ 申し訳ございませんが、構想図であったとしても如何なる図面類の提出は有償対応とさせて頂いております。(係る必要は、ご成約時に清算させて頂きます。なので、〝実質無料〟です。)

アイデア・構想を皮切りに、それを実際の形にしていくことが私たちの仕事です。こと、最初のアイデアがコア(核になること)でもあり、そのプロジェクトの方向性を決める上で重要なカギとなるのが〝構想図〟だと思っています。

素敵なアイデアがでたとしても、それが実現不可能な〝絵に描いた餅〟になるなら、意味がないですよね。頂いたテーマについて、それを実現させるための方法・方策を時に、簡易的なモデル(模型)を作製し検証した上で、実現可能なプランとしてまとめたものが構想図となります。

よく、『簡単な画でいいので、構想を頂けますか?』 と言われる方がいるのですが、前述したように、パッっと魔法のようにでてくるわけではありません。(A;´・ω・)アセアセ

また、構想図に関して言えば、過去数々の苦い経験をしてきました。信じられないと思われる方もいらっしゃるでしょうけど、考え抜いた構想図を見積もりとともに、平気で他社へ持っていく・・ そんなことをされる会社様がいらっしゃるのも事実なのです。

『図面の提出には、費用が発生します。』とお伝えした時点で、「お前のところは、構想図に金をとるのか!!」 と半ば、罵声に近い言葉を返されたこともありました。その時は、とても残念で、情けなくて、すごく哀しい想いをしたこともあります。

構想ができるというのも、過去からの経験や技術による裏付けがあってのことです。すなわち、それらの技術はボクらの長年積み重ねてきた資産であるとも言えます。逆の言い方をすれば、それだけ【投資】してきたというわけです。

【モノづくりをしていく上で、考えることこそが仕事。】 という視点をご理解いただけると幸いです。   

Q.依頼したら、製作日数にどれくらいかかりますか?

⇒ ご依頼内容の規模にもよりますが、製作期間はおおむね、3カ月程度頂いております。

『3カ月もかかるの??』 と思われるかもしれませんね。弊社では、お客様の生産現場にマッチした最幸最善の仕組みをワンオフで考えていきます。つまり、お客様にとっては『世界にひとつだけ』の機械になりえるのです。

この期間を長いと捉えらるのか、短いとみるか?・・・です。

確かに、生産が立て込んでいるような状況を鑑みると、すぐにでもほしい! という気持ちは痛いほど理解できます。でも、それよりもまず、やってくる『世界でひとつだけ』を如何に有効活用するか? 社内でプランを考えてみてください。御社内での担当部署間の疎通を図ってみてください。 

「機械が入るなんてきいてないぞ!」なんてことにならないように・・。 よろしくお願いいたします。

Q.部品加工のみの対応はして頂けますか?

⇒ 対応は可能です。 お気軽にご相談ください。

Q.他社で機械化は無理と言われたのですけど・・。

⇒ 実は、 〝無理!〟 と言われるものほど意欲がわいてくるんです。笑

過去には、大阪府のものづくり支援窓口様からのご依頼で対応させて頂いたことがあります。『他に相談に行ったのですが、対応できないって言われたのですが・・。』という案件でしたが、無事に対応させて頂きました。